創作のあり方を模索する

今月は現時点で9篇の詩を書き、31首の短歌を詠んでいるらしい。

カクヨムカクヨムサポーターズパスポートが始まり、そろそろ復帰してもいいのかなと思ったのだけれど、私がこの一年向き合ってきた創作の手法は、お金に還元されればいいというものではない。

一人で詩と向き合い、短歌を詠む日々は孤独だ。最近は歌会もするし、作業会を通じて短歌を人と詠むこともあるけれど、それでも創作をしている間は完全に一人で、巧拙もうまくいかずに苦しいときも自分で呑み込まねばならない。

その厳しさがあるから、私は詩歌を作り続けてこられたのだろうと思う。もともと他者からの評価は私の創作意欲に何ら寄与しないので、インスタントな評価は求めていたわけではないけれど、そのインスタントな評価が入り込む余地がない環境は、私にとって詩歌を作る大きな原動力を作ってくれているのだと思う。

賞に投稿したり、雑誌に投稿するにも、ネットに逐一公開して詩歌を作っていたのでは何かと都合が悪い。未発表の作品でなければ投稿はできないし、その自分の作品の良し悪しを選ぶところから、もう選考は始まっていると云っていい。そこに他者の目をあまり介在させたくないのだ。

粘りに粘って詩歌を作り、良いときも悪いときも自分の作品と向き合い、軌道修正をしたり新たな模索をする過程が私にはとても喜ばしいものと映る。作っている間は誰からも評価されることはないけれど、一人で唸りながら作り続けていると、9篇の詩のうち1篇ぐらいは投稿しても良いかなという詩が出てくる。

そこで今日ようやくココア共和国に投稿をした。

f:id:aniron:20220217135504j:plain

そろそろ3月号の当落発表がある頃だ。また月末には金澤詩人賞の発表がある。

前者はともかく後者に関してはまず受からないだろうと思っているので、落ちていたところでさらに精進を続けるしかないのだけれど、それでも詩を作る喜びは全く損なわれることがない。

短歌に関しては3月下旬にNHK全国短歌大会の入選発表がある。

まだまだ励んでいかねばならない。

短歌に関しては最近は詩歌タイムアタックという試みを始めた。

aniron.hatenablog.com

一時間という制限内の中で短歌を詠むのは良い緊張感をもたらし、短歌を詠むモチベーションを底上げしてくれる。

今後ともこうした自主企画を行いながら、機会を窺いつつ短歌も投稿していければと思う。