オンライン作業会の提案とサークル運営

相変わらず本を読む気になれないので、ひたすらニュースを観たり、新聞記事を読んだ理している。

その中で次のような記事に行きあたった。

digital.asahi.com

芸術系の大学を卒業したものの、すぐにアーティストとして生活できるわけでもない。経済的な負担を抑えながら、何とか創作活動に打ち込めないか――。

 そんな思いを抱えた女性5人が岐阜市の中心部に共同のアトリエを開いた。

 物件を借りるには、芸術家ならではの「壁」もある。幸運が重なって手にした創作の場だ。

 「志のある作家が制作場所に困らずに済むような場所を残し続けたい」。そんな思いで、切磋琢磨(せっさたくま)を続けている。

そうだよな、コロナ禍でなかなか集まって作業することが難しいし、アトリエを借りるのも大変なんだなぁと思いながら読んでいたのだけれど、私が主宰している弊合同文芸同人サークル「かもめ」がほとんど活動休止状態になっていることを思い出し、オンライン作業会なら参加しやすいのではないかと思い立った。

ちなみにかもめが活発に活動していた時期に皆で投稿していたサイトは今も残っている。

かもめソング

私自身、もともとTwitterを表立ってやっていた時期に、オンライン作業会に何度か参加したことがあって、そのゆるい繋がりに、作業の進捗という意味でも、メンタルの上でも、何度も救われた経験があったのを思い出した。

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com


Twitterを表立って運営しなくなってからはそうした場からも離れていたけれど、かもめメンバーとは会いたいと思いながらも、コロナ禍でなかなか会えない状況を心苦しく思ってもいたので、今回お声がけをしてみることにした。

 

内容としては次の通り。

f:id:aniron:20220126174845j:plain

◆日時未定(休日13〜16時ぐらい)

◆作業内容 自由(勉強・読書・ブログ・創作・料理など)

◆出入り自由 いつでも途中参加・途中退出可。参加自由。

◆かもめグループLINEで進捗報告(できる範囲で)

※集中したい人・参加しない人は通知OFF推奨

◆休憩は各自都合の良い時に(15時におやつタイムがあると良いかも)

[rakuten:nitori:10237133:detail]

 

かなりゆるい内容にしたのには理由がある。

元々大学時代の同期メンバーで構成されているこの会は、皆30代という年齢に差し掛かり、育児に仕事に忙しいのだ。

そういった制約の中でも、できるだけ参加しやすい形になればと思ったのだった。

読書会をすることも随分と考えたけれど、メンバーが多忙なことを考えると、なかなか一冊の本を読み切った上でまとまった時間を取ってもらうのは難しいだろうと躊躇してしまい、それきりになってしまっていた。

まだメンバーの参加の可否は聞けていない状況なので、実現するかどうかわからないけれど、何度かオンライン作業会に参加した経験から、おそらくそこまで無理のない範囲で運営はできるだろうと考えている。

仮に今回流れてしまったとしても、また別の機会に提案することはできるだろうし、気長にサークルを運営していきたい。