新たに図書館エッセイ集『図書館という希望』をお読みいただきありがとうございます&近況

新たに図書館エッセイ集『図書館という希望』をお読みいただき、ありがとうございます。

kindle unlimited会員様は追加料金なしでお楽しみいただけます。

ブログ「広寒宮」で綴ってきた図書館にまつわるエッセイに書き下ろしを加えた、図書館エッセイ集です。

「もうひとつの家」としての図書館との付き合い方や、蔵書にまつわること、一利用者から見たコロナ禍の図書館の記録、幼少期に通った図書館との思い出など、今だから読みたい内容をぎゅっとまとめました。

本書が図書館を愛するすべての人の友となりうることを心から願っています。

 

-収録作品-

図書館という希望

ふたつの棚

図書館という友人

ふたたび図書館へ一

図書館の使い方を模索する

コロナ禍の図書館について

蔵書の整理

ふたたび図書館へ二

先達の目とBANANA FISHにみる図書館の精神

図書館という知の海に漕ぎ出す

図書館で知を拓く

学校の図書室の思い出

非常事態宣言下の図書館

本書に登場した書物

 

最近の創作活動はというと、もっぱら詩を書いています。

随分と原稿が溜まってきたので、そろそろ今月分の投稿をしたいと考えているところです。

今年は昨年以上に投稿に励んで、コンスタントに成果を出せるように頑張りたいです。

昨年はココア共和国に三カ月分にわたって佳作として掲載していただきました。

年初の1月号にも佳作として選んでいただいたので、ぜひお読みいただければ幸いです。

嘉村詩穂名義で書いた「すべての痛みが去るとき」という散文詩を電子版に掲載していただきました。

今年は他の詩誌にも投稿をしていけるように、たくさん詩を書き、また読んでいきたいです。

結果が出るかどうかは分かりませんが、日々詩を書きながら、自分自身の詩としっかりと対峙していきたいです。