11月に読んだ本

優『Sugar Garden』

f:id:evie-11:20211214143715j:plain

繊細な少女たちと群れ咲く花々に、少女時代に抱いていた憂鬱と、儚い思い出を重ねてしまいました。そんな乙女の記憶がぎゅっと濃縮した一冊だと感じます。傷ついた心をそっと撫でてくれるような絵画の数々に、ほんのひとときの癒しを得ました。

 

内田彩仍『大切なこと』

f:id:evie-11:20211214143734j:plain

内田さんの本はこれで4冊目。
個人的には戸建てでの暮らしよりも、マンションでの生活の方が親近感を抱いて読めたのだけれど、お庭の様子など随所に素敵な要素が盛り込まれていて癒された。
それでも私が惹かれるのは内田さんの繊細なメンタリティなので、もっとそういう部分についてより深く触れた箇所があればいいのにと思ってしまった。
全体的にコロナ禍の不安もあって、これまでよりも気持ちのゆとりのなさや、緊張感の感じられる文章で、読者としては癒しを求めて読んでいるので、マンションでの生活を描いた本の方が好みだなと思う。

 

上篠翔『エモーショナルきりん大全』

f:id:evie-11:20211214143744j:plain

溢れ出る詩情と、死への止まらない欲求が雪崩れるように歌になっている。藤原龍一郎が上篠翔の短歌は「スピード」だと評していたのにも全く頷ける。まさに今読みたかった、激しくも愛おしい歌集だった。

 

遠藤周作『影に対して』

f:id:evie-11:20211214143757j:plain

表題作があまりにも良くて、終始泣きながら読んだ。他に「影法師」に描かれる神父の弱さ、「雑種の犬」に描かれる主人公の当てのない悲しみが、今の私の心に深く染み渡った。長崎のローカル局遠藤周作のドキュメンタリーを観たことがきっかけで手に取った一冊だったけども、実母との関係に深く悩む私にとって、またとないタイミングで出会えた本となった。

 

『&Premium 』2022年1月号/『角川短歌』2021年12月号

f:id:evie-11:20211214143809j:plain

私の好きなharuka nakamuraや青木隼人が紹介されていたり、冥丁が音楽を紹介していたので手に取った。
もちろん音楽の特集ページも魅力的なのだけれど、それ以上に自分自身がどのように静かな時間を作るかということの方がよほど大切で、私にとっては平日の昼間のお茶の時間がそのひとときに当たるのだろうと思う。
あいにくと常に何かしら書いていないと落ち着かない人間だし、持病もあって本を読むこともなかなか思うようにできない日々がつづいているけれど、主人とそれぞれの場所で本を読むひとときはこんなにも静かで豊かなものなのかという発見もあった。今後ともその時々で読みたいもの、読みやすいものを手に取って、読書習慣をつづけていきたい。

 

川野芽生の短歌10首を目当てに買ったのだけれど、彼女の短歌よりも水原紫苑の葛原妙子の直系と思しき耽美的な短歌の方がよほど優れていて素晴らしかった。
他にも詩人を彷彿とさせる魚村晋太郎の「鉄琴」や、メンタルヘルスを詠んだ西巻真「夜の歌」、これぞ短歌の技巧と思わせる小松久美子「濁音」など、何かと見所が多かった。