ココア共和国に投稿しました

f:id:evie-11:20211116164141p:plain

先日金澤詩人賞2021に投稿したので、今月はお休みしようかと考えていたのですが、詩を書きたいという欲求が止まらずに、ひたすら詩を書きつづけているので、せっかくだからと、ココア共和国にも投稿することにしました。

evie-11.hatenablog.com

3ヶ月連続で佳作に採っていただけても、次も佳作として選ばれるとは限りません。

特に先月は自由詩を投稿したこともあり、厳しいのではないかなと思っていますし、今回投稿した詩も、これまでに書いてきた幻想風のものとは毛色が異なるので、どこまで通用するのかはわかりません。

それでも投稿したかったのは、ここで諦めてしまっては絶対に後悔することが目に見えて分かっていたからです。

詩を書きつづけることは、私にとって小説を書くことからの逃避に過ぎないのではないかと思い詰めたり、自分にとって妥協に過ぎないのであれば詩を書く資格なんてないのではないかと考えてきました。

それでも死の傍にあったものが二つだけあったとすれば、それは詩と睡眠だけです。

aniron.hatenablog.com

ならば私にとって詩を書くことはもはや必然以外の何者でもないのだと思います。

たとえ評価されても評価されなくても詩を書くしか私にできることはないから詩を書きつづけるだけです。

私よりも優れた詩を書く人も、私よりも多くの詩歌集を読んでおられる方もいるのでしょうし、その方々と比べて深いコンプレックスに陥ってばかりいましたが、「やはりどうしても書くしかない。他の手法ではなく、私には詩しかない」という強い動機があればこそ11年も詩を書きつづけてきたのだと信じていたいですし、強い想いを抱いていたいです。

インプットはこれからどんどん増やしていけばいいと開き直って、先日様々な詩歌集を購入しました。届いたらまたお披露目したいと思います。

この一年、小説が書けなくなって、何度も心が折れかけましたし、今だって折れています。

それでも前に進むしかないし、自分にできることをやっていくしかないのだと思います。

そういう意味では最近観ている仮面ライダーオーズは大きな力を与えてくれましたし、先日読んだ遠藤周作『影に対して』は詩を書く原点を思い起こさせてくれました。

music.apple.com

aniron.hatenablog.com

これからも様々な「物語」の力を得ながら、自分の詩の道を歩んでいきたいです。