【深夜の文章キャス】自分の力量を把握する

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

 

療養のため帰省していて、64歳の実父と話していると「まだまだ俺はこんなもんじゃない、俺の人生はこれからなんだ」と口癖のように云います。

しかし、彼に今後の明確なビジョンはなく、家庭の経済的な事情もあまり見えていない様子で、そこに向かって努力をするという姿も全く見られません。

大学院で民俗学を勉強したいのだそうですが、大学院へ行くことが勉強のすべてではありませんし、大学に行かなければまともに本を読めない、勉強をできないというのでは、あまりに他力本願と云わざるを得ません。

民俗学を学びたいのであれば、図書館に通って専門書を読むなり、本を取り寄せて自学自習したり、公開講座に足を運んだりするだけの意欲と実行力がなければ、院進はまず難しいだろうと思います。

 

実際、私は経済的な事情もあって院進を諦めざるを得なかったという苦い背景があり、主人からも「なぜ娘を大学院に入れなかったんだろうね」と云われました。

実際には経済的な事情の他に、健康上の理由もあって、どのみち難しいことに変わりはないのですが。

そうして父から同じ言葉を10年前からずっと聞きつづけてきましたが、その10年間で彼の志す民俗学の本を一冊でも読んだとか、それについて大学で民俗学をかじっていた私と議論をするという場面もなく、我が親ながら、そのような有様では得られるものはないのだろうなと思います。

ブログやKDPでの収益の話をすると羨ましがられましたが、そのためには私は日々多くの時間を割いていますし、毎日3本のブログのいずれかを更新しつづけて、コンスタントにKDPを作っています。

需要や収益のリサーチや分析も欠かしませんし、それが深夜に及ぶこともままあります。

そうしてトライ&エラーを繰り返しながら、とにかく手を動かしつづけること、地を這ってでも本を読みつづけることを自分に課してきました。

ある意味父が反面教師となっている部分は多分にあるのだと思います。

 

何者かとして大成しなければ人生に意味はないという男性たちにいつも疑問を感じざるを得ないのは、自分の能力をどこまで把握しているのだろうかということです。

私は小説で壁にぶつかって一年間作品を全く書けませんでした。それは実力そのものに問題があったという大前提もありますが、体調上の理由や、家庭の事情などもあり、そうしているうちに段々と自分の力量はある程度見定めることができたなと思います。

力量というと、才能の有無だけを指すようですが、経済的な事情や、体調のコンディションの良し悪し、そして家庭の事情など、様々なものが複合的に重なり合って、その人のパフォーマンスに直結しているのだと思います。

 

そのパフォーマンスの高低を把握することは、30代になった私にとって非常に重要なことでした。

20代の頃はそうしたものを云い訳だと一蹴して、ひたすら創作に打ち込んできましたが、30代になると20代の頃のような無理はなかなか効かなくなります。

とにかく持続可能な創作をつづけることと、何者かになれなくても、自分のパフォーマンスの背景にある力量をある程度見極めることは、これから介護の問題を抱えて生きていく上でもとても重要になってくるはずです。

さまざまに制約がある中で、できるだけ自分にとって力を生かせる創作ジャンルを選ぶこと、そして何者かにならねばならないという思いを捨てて、自分の力量を謙虚に受け止め、その力量の中でさらなる模索をつづけること。

それ以外にこれから進むべき道はないのだろうと思います。

私にとって現時点での答えは11年つづけてきた詩歌の道を選ぶということでした。

まだ迷いもありますが、ココア共和国で二ヶ月連続で佳作をいただいたこと、カクヨムランキングに一週間入りつづけたことを前向きに受け止めて、この道を進んでいきたいです。

kakuyomu.jp

evie-11.hatenablog.com