持病持ち同人作家の活動について

KDPをたまたま確認しに行ったところ、第二散文詩集『真珠姫の恋』がkindle unlimitedでお読みいただいているということがわかりました。

耽美主義を掲げ、SF・中華幻想・仏教、そして著者のふるさとへの憧憬をテーマとした、第二散文詩集です。
以下の十編の詩を収めています。

 

-収録作品-
青磁の爪
白狐譚
鶯姫
エリザベート・バートリの末裔
いにしえのうた
最後の手紙
人体標本
真珠姫の恋
補陀落渡り
地獄の白百合

罪人の冠を頭にいただき、人の子を惑わしたすべての女の恨みを纏って、私は消えてゆく。
嘉村詩穂の個人詩集。 個人サイト「紫水宮」と主宰している文芸サークルかもめのweb文芸誌「かもめソング」に発表した詩に、書き下ろしを加えた散文詩集です。
耽美主義を掲げ、表題作となった「挽歌」を中心に、主に和風・東洋風の幻想的な詩を収録しています。

 

-収録作品-
マディソン

逝春(せいしゅん)
よみひとしらず
或神話研究者の最期
挽歌
或楽師の書簡
緋鯉抄
調香師の終末
秋菊
夕波千鳥
秘仏
雪女郎
墨色の使徒

 kindle unlimited会員の方は追加料金なしでお読みいただけるので、この機会にぜひよろしくお願いします。

第一詩集『挽歌-elegy-』もよろしくお願いします。

第三詩集もいずれは作りたいと考えているので、大変励みになります。

KDPはなかなか手ごたえが得られていないなという実感があって、やはり紙の同人誌の方がいいのかと迷ったりもしました。

同人誌制作には心理的負担もなにかと大きく、入稿前の緊張感で持病が悪化したこともあり、またこのコロナ禍でイベントでの頒布が困難になっている実情を踏まえると、やはり今後もKDPを中心に作品の発表の場を作っていった方がいいのかなと考えています。

もともと少部数しか刷らない弱小サークルなので、在庫状況が負担にならないところもKDPのありがたいところですね。

委託頒布など、もっと工夫できるところもあるのだと思うのですが、心身ともに体調を崩しがちなので、無理のない範囲で活動できる道筋を今探っているところです。

 

そういう点では折本のDL頒布はひとつの道筋を示してくれたかなと感じています。

f:id:evie-11:20190827142923j:plain

f:id:evie-11:20210728162230j:plain

booth.pm

f:id:evie-11:20160611074850j:plain

booth.pm

f:id:evie-11:20210703111829j:plain

booth.pm

思いのほかDLしていただけたり、ご感想をいただいたり、ブーストをいただいたりしているので、今後は折本のDL頒布とKDPでの電子書籍の販売を創作活動の柱としていきたいと思います。

 

もともと同人作家同士の交流や、頒布に至るまでの作業が負担になってしまうタイプなので、そのストレスをいくらか緩和できるのなら、その方がいいのかなと。

もちろん作品を作る際にはあらゆる力を尽くしていますし、より魅力的な本に仕上がるように注力していますが、頒布の際には作る以外の物事も決して欠かすことのできないことなので、そのストレスをできるだけ軽減しながら、読者の皆様の元に作品をお届けできればいいなと思います。 

同人誌に拠らない、新たな同人活動の形として、今後ともこの二本柱を育てていきたいです。