【深夜の文章キャス】30代、まだ終わりたくない

昨日と今日と、大学時代の友人たちと別々に話した。

ひとりは30歳になってもいろんなことへの興味関心を失わず、挑戦をしつづける女性で、話していてとても勇気をもらった。

小説は雨伽さんにとって自己実現になるものだから、また書けるように体調を整えたり、できることを考えた方がいいとアドバイスをもらった。

実のところ今の私の状況は小説を書けるコンディションではないのだけれど、ここのところ後ろ向きすぎたし、泣き言ばかり頭でいっぱいだったなと気づく。

もっと前を見据えて、未来に希望を抱きたい。

ここのところの私の様子といったらもっぱらルーティンをできるだけ守る方に偏ってしまっていて、なかなか挑戦しようという気持ちになれていないなと気づいた。

そういう点でとても彼女とのお話は有意義だったし、希望を見出すことができた。

小説はまだしばらく書けそうにないけれど、それでも前に進みたい。

 

f:id:evie-11:20210814223335j:plain

今日は別の友人と話して、いろんな30代がいるなという実感を抱いた。

しきりと年齢のことを気にする様子や、幸福感を抱けずにいる様子が伝わってきて、人間にはやはり無我夢中になれるものが必要なのだと改めて感じた。

同時に彼の様子は決して他人事ではなくて、私自身にも重なる部分がある。

年齢を云い訳にしてチャレンジすることをためらったり、がむしゃらに頑張れる時期は終わってしまったと思うことも最近増えてきている。

そうして老人のような30代を過ごすのはやはりもったいないことだし、今後とも公募への投稿もつづけたい。

 

またいろんなことに興味関心を持つ自分のキャパシティはどうしても確保しておきたい。

うつ病でただでさえ万年無気力ということが多いから、自分が少しでも気になった本などは迷わずに買って読みたいし、ひとつひとつ行動をつなげていって前に進みたいと強く思う。

関心を抱く対象に対して、「ゲームなんてやったってしょうがないよな」とか「保守思想なんて抱く自分に嫌悪感を抱いてしまうな」とか、「商業BLを読んでも何にもならないじゃないか」とか、あまりポジティブな気持ちになれないこともあるけれど、そういう自己否定は自分の心を縛りつけてしまうから、できるだけ打破していきたい。

保守思想も深く学べばまた違う地平が見えてくるのかもしれないし、商業BLだってどこかで創作の糧になるのかもしれない。

「これは役に立たないから」ということで物事を切り捨てることはあまりにも短絡的だし、場合によっては危険ですらある。

そうして自分の好奇心をもっと大事にして、今後とも学び、創作に励んでいきたい。