2021.05.28 最近買った本

 

歌集

amazonアソシエイトでいくらか報酬があったので、図書館で借りて、かねてから手元に欲しかった佐藤弓生『モーヴ色のあめふる』を注文して届きました。

f:id:evie-11:20210526142455j:plain

 

現代短歌の一部と、俳句の文庫コーナーはこんな感じになりました。 

f:id:evie-11:20210526142510j:plain

少しずつ積読本も増えてきているので崩したいところです。

福島泰樹デカダン村山槐多』は私にとって学校以外にはじめて触れた現代短歌で、神保町に投げ売りされていたのを買いました。

福島泰樹といえば松野志保の所属する短歌結社の主宰者でもあり、そうしたつながりがこの小さな棚で生まれているのは喜ばしいなと感じます。

ちなみにこのさらに左側には塚本邦雄、葛原妙子といった歌人の歌集が並んでいます。

  

ブックオフオンラインで買った本

f:id:evie-11:20210529194245j:plain

ここのところ元気がなかったので、主人に教えてしまったphaさんというアルファはてなブロガーの方の『ニートの歩き方』『しないことリスト』とともに、『裏世界ピクニック』1巻、タニス・リー『血のごとく赤く』、小花美穂水の館』を購入しました。

しないことリスト

しないことリスト

  • 作者:pha
  • 大和書房
Amazon

 タニス・リーはすっかり何冊も積んでいて、古書店で見かけるたびに買っています。

小花美穂水の館』は送料無料のために、また特集で取り上げられていたのをきっかけに買ったもの。

当時りぼんに掲載されていたのをリアルタイムで読んで、小花作品は『パートナー』が生理的に無理だったので、この話も苦手だろうなと思ったら、世界観にすっかり魅了されてしまい、何度も水の流れる音を聴きながら眠る夜を夢想したものでした。

今ふたたび読んでどのような感想を抱くのか、今から楽しみです。

裏世界ピクニックはアニメ版を完走して、ヒロインふたりの関係性が好みだったので、原作を買うに至ったのでした。

 ラノベの文体は苦手なのと、ふたりの関係性も巻を追うごとに親密なものになっていくとのことで、完走はしないかもしれませんが、ひとまず雰囲気だけでも味わいたいと思っています。

 

DMMブックスで買った本

PayPalの500円クーポンが送られてきたので、DMMブックスで『心と体がラクになる読書セラピー』を買いました。

f:id:evie-11:20210528005443p:plain

漫画はかねてから気になっていた、ブルーピリオドが一巻、宝石の国は三巻まで無料だったので追加しました。

 

読書セラピーに関しては、日々実践していることなので、読むまでもないような気がしていました。

aniron.hatenablog.com

aniron.hatenablog.com

aniron.hatenablog.com

aniron.hatenablog.com

それでも軽めの本を読むと自責感に駆られてしまうことが多々あり、特に今月は参っていてあまり本を読めなかったし、読んでも読んだという実感を得られないままでいました。

そうしたあまり幸せとは云いがたい本との付き合い方を今一度見直したくて、この読書セラピーの本を買うことにしたのでした。