第二散文詩集『真珠姫の恋』をお買い上げいただきました。

 嘉村詩穂名義で出版している、第二散文詩集『真珠姫の恋』をまた一冊お買い上げいただきました。

まことにありがとうございます。

真珠姫の恋

真珠姫の恋

 

耽美主義を掲げ、SF・中華幻想・仏教、そして著者のふるさとへの憧憬をテーマとした、第二散文詩集です。
以下の十編の詩を収めています。

-収録作品-
青磁の爪
白狐譚
鶯姫
エリザベート・バートリの末裔
いにしえのうた
最後の手紙
人体標本
真珠姫の恋
補陀落渡り
地獄の白百合

 

第一散文詩集『挽歌-elegy-』も出版中です。

挽歌-elegy-

挽歌-elegy-

 

罪人の冠を頭にいただき、人の子を惑わしたすべての女の恨みを纏って、私は消えてゆく。
嘉村詩穂の個人詩集。 個人サイト「紫水宮」と主宰している文芸サークルかもめのweb文芸誌「かもめソング」に発表した詩に、書き下ろしを加えた散文詩集です。
耽美主義を掲げ、表題作となった「挽歌」を中心に、主に和風・東洋風の幻想的な詩を収録しています。

-収録作品-
マディソン

逝春(せいしゅん)
よみひとしらず
或神話研究者の最期
挽歌
或楽師の書簡
緋鯉抄
調香師の終末
秋菊
夕波千鳥
秘仏
雪女郎
墨色の使徒 

 

いずれもkindle unlimited会員の方は追加料金なしでお楽しみいただけます。 

 

これらの散文詩の多くは主宰している文芸同人サークル「かもめ」で書いてきたもので、月一度の更新を一度も滞らせることなく詩を書いてきた成果となっています。

第二詩集は第一詩集と比べてテーマごとに分けているということもあり、また第一散文詩集よりも抒情的な色合いが濃いかもしれません。

耽美主義かつ幻想的な作風をお求めな方には第一散文詩集『挽歌-elegy-』をおすすめしたいです。

紙の本での頒布がなかなか叶わない状況なので、是非この機会に電子書籍をお手に取っていただきたいです。

 

一応耽美主義な作風での詩集は今のところこの二冊でいったん終わって、今は心象風景をベースにした抒情的な散文詩を書いています。

おかげさまでこちらも300PV、♥30を突破しました。

kakuyomu.jp

読んでくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

またこの詩集とは別に、新たな詩歌集を作ってKDPで出版しようと考えています。

その内容は、自作の俳句とそれに呼応する散文詩、それからさまざまな詩歌の書評を載せたものになりそうです。いわばセルフコラボの産物になりそうです。

まだ原稿の初稿の段階なので、もしかしたら多少の変更はあるかもしれませんが、完成に向けて励んでいるところです。

以前カルテットという詩歌雑誌を買って読んで、それがとても感じるところが多くて、自分もそういう本を作りたいと強く思ったのがきっかけとなりました。

 アマチュアの範囲内ではありますが、もともと俳句×散文詩のセルフコラボはカクヨムでも公開していて、いずれ本にしたいという想いがありました。

kakuyomu.jp

今のところ俳句は揃っているので、散文詩を日々書いているところです。

また進捗の方も随時書いていければと思います。

 

家族からは一冊でも売れればプロだよと云われたのですが、私自身は賞を受賞したわけでもなく、投稿もしていないので、あくまでもアマチュアだと思っています。

ただ十年間詩を書きつづけてきて、詩の魅力はいつまでも尽きないなと感じています。

また新たな道を模索しつつ、いずれは投稿などもできればとうっすら考えていますが、もう少し手探りで自分の詩作の旅をつづけていきたいと思います。