現状を受け入れる

日記にたびたび書いているように、どうにも体調が悪い日がつづき、昨日はようやく小説を書こうと思い立ったものの、ふたたび心身の不調に陥りました。

aniron.hatenablog.com

今の私にとって小説を書くことはとても大きな負担になっているようで、もはや現状を受け入れる他ないのかもしれません。

小説を書くことは、私にとってこの上ない楽しみでしたが、それ以上にあらゆる物事のなかで最も苦しいことでもありました。

その苦しさのあまり、家事がおろそかになったり、精神的に追い詰められて主人に迷惑をかけたりすることもありました。

そういう状況で小説を書くことは、少なくとも今の私には幸福をもたらさないのだろうなと思います。

 

30代になり、心身の持病の症状に対して無理が効かなくなってきたと感じていて、このまま無理をつづけることは決していい結果をもたらさないだろうと思いますし、現に小説を書くのをやめてから、精神的に以前よりも安定してきたと感じています。

不調になってもリカバリー力が上がってきていますし、立て直すことも自分の力である程度できるようになってきました。

snowrabbit21.hatenablog.jp

筆を断つという覚悟はまだ決まっていませんし、この先またどこかで小説を書く機会もあるかもしれませんが、少なくとも今は筆を休めようと考えています。

 

今の私にできることは、精一杯家事をこなして、ブログ書いたり詩歌を作ったりすることなので、しばらくの間は創作は詩歌に絞ってつづけたいです。

また詩歌に関してはプロを目指さずに、自分のペースで自分の作りたいものを創造していければいいなと考えています。

今後の目標としては、同人句集と同人詩集を編むことです。

まだまだ時間はかかると思いますが、それでもより良い作品に仕上げられるように励んでいきたいです。

ちなみに過去に出版した二作の詩集はこちらです。

挽歌-elegy-

挽歌-elegy-

 
真珠姫の恋

真珠姫の恋

 

 併せてご利用いただければ幸いです。

しばらくの間は試行錯誤や模索がつづきますが、その道のりも楽しみつつ、詩歌に親しんでいければと考えています。