アニメに勇気を教えてもらう

昨日はルピシアのセイロン・ディンブラを淹れて、カファレルのホワイトデー限定缶が届いたのがうれしくて、カファレルのチョコレートでお茶をしながらアニメ版「鬼滅の刃」16話・17話を観ていました。

f:id:evie-11:20210302184850j:plain

f:id:evie-11:20210302184710j:plain

 

のんびりとお茶をしていたのですが、17話の善逸回で、くじけても泣いても決して諦めるなと説く善逸の師匠と、ひたむきにひとつの技を磨きつづける善逸の姿にいたく心を打たれました。

f:id:evie-11:20210302184554j:plain

善逸はどちらかというとギャグ要員で、そんな彼が作者に愛されている感があって私は好きだったのですが、小心者で弱々しい彼が、それでも勇気を振り絞って戦いへ向かって行く姿はとても感動的でした。

 

自分自身を振り返ってみても、30代になって云い訳をしてばかりで、創作にひたむきになれない自分を受け入れていくしかないのかなと半ば諦め、それでも諦めたくないとこのブログを通じて自分自身を鼓舞してきたのですが、なかなか行動に結びつけることができず、「やっぱり私ってダメなんじゃないだろうか」と失意と自分自身への幻滅を感じていました。

20代の頃は難治性の持病があっても、云い訳は一切無用というスタイルで創作にがむしゃらに向かっていましたが、30代になって専業主婦としての生活に幸せを感じるようになり、創作に割くエネルギーが枯渇していくのを感じていました。

 

俳句に関しても、体調が悪いことや気力が湧かないことを理由に、この一ヶ月まったく詠むことができずにいました。

詠みたいと思っても、歳時記を開いてやっぱりやめておこう、と思い至ることも何度かありました。

それでも善逸の姿を観て、「やっぱりここで諦めてはいけないんだ」と気力を奮い立たせることができて、実際に腰が重くてなかなか手をつけられずにいた、俳句のポストカードを作るという目標を達成することができました。

f:id:evie-11:20210302174825j:plain

 

こちらはサンプルで、俳句が入ったものは下記リンク先から無料DLしていただけます。

star-bellflower.booth.pm

 

また俳句のみではありますが、カクヨムでも公開をしています。

kakuyomu.jp

実際に詠んでみると、思いのほかするっと句作できましたし、ポストカードと含めて2時間ほどで完成しました。

これまで思い悩んでいたのはなんだったんだろうという呆然とした気持ちになっていますが、やはり私は元来脳筋なので、悩むよりも先に手を動かした方が良いのだなということを実感しました。

小説でももしかしたら同じことが云えるのかもしれません。

 

また「鬼滅の刃」だけではなく、ここのところ「ゾンビランドサガ」のフランシュシュの「ヨミガレ」に大きな力をもらっていることは何度か書いてきました。

ヨミガエレ

ヨミガエレ

  • フランシュシュ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

主人の意向もあって、ここのところちょっと昔の覇権アニメをたくさん観ているのですが、アニメから勇気をもらうことが多いなぁと感じています。

アニメを観はじめてから、物語に触れることにこれまでよりも敷居の高さを感じなくなりましたし、今後とも面白いアニメをたくさん観て、少しでも自分の糧に変えていければと思います。