2020年12月の読書記録

12月の読書メーター
読んだ本の数:35
読んだページ数:7158
ナイス数:122

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]感想
もう何度目かも分からない再読。読むたびに刺激を受けている。このメソッドを活用して、ノートを使いつづけて三年ほどになる。もっと過去のノートを活かしたいし、さらにさまざまな情報をノートに入れたいと思った。振り返ってみれば創作や読書がメインとなっているので、ライフログ的に使えるといいなぁ。
読了日:12月02日 著者:奥野 宣之
美的 2021年 1月号 [雑誌]美的 2021年 1月号 [雑誌]
読了日:12月03日 著者: 
ルピナスさん―小さなおばあさんのお話ルピナスさん―小さなおばあさんのお話感想
幼少期からの愛読書で、母に30歳のお祝いにとプレゼントしてもらった。ルピナスさんのファッションの美しさや、絵の色調にほれぼれとしながら読み進めていたら、腰を痛めてしまってベッドに横たわるルピナスさんの姿が、持病を抱えた私自身に重なってしまって泣きながら読み終えた。私も困難な状況にあるけれども、この世界をほんの少し良くすることができるといいなと願わずにはいられない。
読了日:12月07日 著者:バーバラ クーニー
「聖なるあきらめ」が人を成熟させる「聖なるあきらめ」が人を成熟させる感想
さまざまな不調に見舞われて、あがきながら生きることに限界を感じて、まもなく30代になる。振り返ってみれば、夢をあきらめたくないという気持ちに苛まれた一年だった。健康も生活も少なからず犠牲にした。それでもなお夢を追うのか、それとも夫との生活を第一にして、同人で活動するにとどめてあきらめるのか。答えはまだ出ない。そう簡単に出せるものでもないと思う。
読了日:12月07日 著者:鈴木秀子
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
中学生の頃にブームがきて、大学生の頃に途中までコミックを読んだのですが、改めて読み返したくなり再読。当時のブームはなかなか熱いものがあって、大学の同級生に「レナみたいな帽子かぶってるね」と云われたことを覚えています。当時の私はちょっと怖い雰囲気だったのでしょう、おそらく。レナちゃんがひたすらかわいいです。平常時とのギャップや、病んでるときの目つきがたまらない。
読了日:12月08日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
引き込まれるままに読んだ。仲間への不信感に満ちていく過程が丁寧に描かれていてドキドキしながら読んだ。オヤシロサマの祟りなのか、それとも村の因縁がもたらす恐怖なのか。どちらも組み合わさっているところが恐怖を倍加させている。こういう仕掛けはぜひ参考にしたいと思わせる一作。
読了日:12月08日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に 綿流し編 1巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に 綿流し編 1巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)感想
このお話の重要な要素はすでに知っているのだけれど、それだけに終始明るいストーリー展開に胸が痛む。詩音も魅音も魅力的でいとおしい。彼女たちの命運やいかに──? 次巻も引き続き読みたい。
読了日:12月08日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に 綿流し編 2巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に 綿流し編 2巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)感想
様々な謎が謎を呼ぶ巻でした。まるで横溝正史の小説を読んでいるような土俗的な雰囲気が伝わってきて、作者がお気に入りと云うのもわかるような気がします。魅音のキャラクターがまた魅力的。実は……というところは知っているのですが、そこまでをどう描いていたのか思い出せずにいるので、目明かし編も楽しみです。
読了日:12月08日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,鈴木次郎
ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 2巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に 祟殺し編 2巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
沙都子ちゃんのいじらしさがひしひしと伝わってくるだけに、つらいお話でした。殺される側だった主人公が、殺す側に回ってしまうという悲劇。でもそこにいくらかのカタルシスを感じてしまう読者の心理こそがもっとも恐ろしいと感じます。こんなにぐいぐいと物語を味わうのは久しぶりだねと主人にも云われました。改めて自分の書きたいもののや、書くべきものの姿と向き合う糸口をいただいています。終盤はわりとトンデモ展開でしたが、オヤシロサマの得体の知れなさも相まって、興奮と恐怖に包まれた読後感でした。
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,鈴木次郎
ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,外海良基
ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
これにて出題編完結。梨花ちゃんが物語の重要なキーパーソンであることがわかった。その片鱗はすでに前出作で見えていたけども。オヤシロサマの生まれ変わりであるという梨花ちゃんが、なぜ殺されなければならなかったのか、謎は残されたままだ。次巻以降でその謎が説き明かされるのかどうか、今から読むのを楽しみにしている。
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,外海良基
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 1巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 1巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 4巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 4巻 (デジタル版ガンガンウイングコミックス)感想
目明し編一気読み。すべての凶行の犯人がまさかの詩音だったとは……! ヤンデレの妄念恐るべしといった感じでした。オヤシロサマの祟りがひとりのキャラクターに集約されていくというどんでん返しがとても面白かったです。悟史くんの謎は説き明かされないままだけれども、いずれ明らかになるのかな。最後まで健気な沙都子ちゃんがいじらしくて泣きそうになりました。そして巻きこまれただけの圭一くんも不憫きわまりない。
読了日:12月09日 著者:竜騎士07,方條ゆとり
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
読了日:12月10日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
オヤシロサマの祟りの正体があまりにも意外で驚いてしまいました。雛見沢症候群というのはこれのことだったのか……。それにしても、レナを取り巻く環境の恐ろしさたるや、彼女の持つ狂気にも納得のいくような様相を呈していますね。実の親との間に様々な問題を抱えながら、それでもひとりで強く生きようとするレナの姿に、思わず泣きそうになりました。
読了日:12月10日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
不信の渦に巻きこまれてゆくレナを救うべく立ち上がる圭一、という熱い巻でした。私もこれまでにたくさんの失敗を重ねてきましたし、仲間を信じるということはたやすいことではないけれど、「何か間違いがあったとしても、それでも信じる」という熱いメッセージがひしひしと伝わってきて、最終巻も楽しみです。
読了日:12月11日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 4巻 (デジタル版ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 4巻 (デジタル版ガンガンコミックス)感想
最初から最後までクライマックスと冒頭にあったように、熱い物語だった。やはりレナが好き。彼女が不信感に呑み込まれていくさまは見ていて胸が痛んだけども、ある意味それが彼女を支えてくれた信仰であったとするならば、それを重んじて、彼女を信じきった圭一は、まさにヒーローにふさわしい。これまでは惨劇のさなかに巻きこまれるだけだった彼が、はじめて主人公たりえたのがこの物語なのだ。
読了日:12月11日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
りすとかえるとかぜのうたりすとかえるとかぜのうた感想
文芸サークルの友人が贈ってくださった絵本。りすくんとかえるくんに私たち夫婦を重ねてくださったのだそう。りすくんとかえるくんは旅の話をして、でも旅には出ない。ガラパゴス諸島で結婚式を挙げたら誰も来なくていいねと主人が話していたのを思い出して、でもそれは叶わない夢のままなのを思い出して、なんだか胸がしめつけられるようでした。小さなふたりを優しく包む自然の世界と、何気ない一日のささやかなエピソードが、私たち夫婦にとっての宝物そのもので、この本を贈ってくださった友人に心から感謝したいです。
読了日:12月14日 著者:うえだ まこと
僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意感想
NHK世論調査を見て、Twitterの言説に翻弄されがちな自分を改めて自覚して再読。Twitterのトレンドは日本語以外にしたので、ニュースソースはできるだけNHKや新聞社といった一次情報に触れるように心がけたい。また本は迷ったら買うという両氏のスタンスには大いに励まされた。私は電子書籍だけを持っている本は数多くあるが、今後も活用しつつ知性を磨いていけるように励みたい。
読了日:12月14日 著者:池上 彰,佐藤 優
NHK 100分 de 名著 ブルデュー『ディスタンクシオン』 2020年 12月 [雑誌] (NHKテキスト)NHK 100分 de 名著 ブルデュー『ディスタンクシオン』 2020年 12月 [雑誌] (NHKテキスト)感想
ここのところ日本の中流階級の崩壊など、社会学的なことに興味があって手に取った。平易な文章でブルデューの魅力が熱く語られていてひきこまれた。私自身の来歴を振り返りながら読み、なぜ自分が高校時代まで学校でいじめ抜かれてきたのかが分かった。要するにそれは文化資本の違いがもたらしたものだった。地方公務員の娘として育ち、上京して有名私立大学に行くことが既定路線だった私は、地方では恵まれた環境にあって、たびたび嫉妬や嫌がらせを受けつづけてきた。地方の勉強が好きな子が、私みたいに苦しい思いをしなければいいのになと思う。
読了日:12月16日 著者: 
世界が海におおわれるまで (現代短歌クラシックス04)世界が海におおわれるまで (現代短歌クラシックス04)感想
美しい地獄と思う億年の季節を崩れつづけて月は が一等好きだった。まさに私自身の信仰と重なって心に響いた。女性的で、幻想文学を彷彿とさせる、美しい短歌の数々に魅せられた。耽美なのだけど、余白を感じさせる歌いぶりで、言葉がすうっと心に入って消えてゆくのが心地いい。
読了日:12月17日 著者:佐藤弓生
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
誕生日に読了。羽入ちゃんはどんな存在なのだろうと思っていたら、まさかのオヤシロサマそのものだとは……。梨花ちゃんは運命を変えることができるのか……? 今からの展開がますます楽しみです。そして沙都子ちゃんの病気が気になるところ。
読了日:12月21日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 2巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 2巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
沙都子の救出に向けて運命が変わる予感が伝わってくる巻でした。あまり怪異要素がなくて、話がやや小さくまとまってきたかなという印象は受けるけれど、最終的には絡まり合った運命の糸を解きほぐしていくという筋立てだと思うので、今後とも楽しみです。梨花ちゃんの絶望が伝わってくるコマがとても良かったです。
読了日:12月21日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 3巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 3巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
オヤシロさまの祟りの全貌がいよいよ明らかに。人間の情念の恐ろしさと、怪異とが見事に両立してきたこれまでの巻に比べて、やや話が小さくまとまってしまったという感は拭えないけども、村社会の人間の不条理さというものはよく描かれていると感じる。まさに日本的な社会のありようで、あるあると云ってしまえばそれまでだけども、それだけに出題編で感じた恐ろしさが際立つという仕組みはよくできているなぁと思う。
読了日:12月21日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
30歳からの「時間」の投資術―――今のあなたは、1年前に決まっていた (知的生きかた文庫)30歳からの「時間」の投資術―――今のあなたは、1年前に決まっていた (知的生きかた文庫)感想
私は専業主婦だけども、夢も目標もあるし、時間をもっと有効に使いたいと思って手に取った。気づけば自分自身が後ろ向きになっていて、このまま何も変わらないのだろうなという思いに支配されていたということに気づいた。一日の時間を区切って、計画を立てるところからスタートしたい。この本も0時の就寝時間までに読み終えると決めて集中して読み終えた。できれば同じ30代の主人にも読んでもらいたい。
読了日:12月23日 著者:藤井 孝一
自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 (朝日新書)感想
コロナ禍の今だからこそ読むのに真に値するし、この手の本ではベスト級ではないだろうか。私が患っている新型うつへの対処法や、リハビリ期の過ごし方についても触れられていることも参考になる。また感情のムダがいかに多かったことか、twitterを離れてみて実感している。twitterからの脱却は何度か試みているが、今回は日記アプリを代替物として使うことにしたので、今度こそ成功できそうな気がする。また創作に限らず、静的な休養を色々と検討して積極的に取り入れていきたい。
読了日:12月25日 著者:下園 壮太  
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 4巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 4巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
物語がやや小ぶりになってきたかなと思った前巻でしたが、この巻では圭一の主人公然とした意思の強さと、沙都子ちゃんの成長がしっかり描かれていて、罪滅し編さながらの熱を感じました。とにかく沙都子ちゃんが幸せになってくれればそれでいい……と云いたいところですが、オヤシロ様の祟りは思わぬ方向へ転がっていきますね。まさか三四さんが犯人だったとは。しかし大人組の背景が未だ掴めないので、今後の展開が楽しみになってきました。
読了日:12月27日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 5巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 5巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
まさかの結末。梨花ちゃんは無事明日を迎えることができるんだろうか。それにしてもこれだけの大長編のストーリーを少しもダレさせずに運んでいく技術はすごい。どんどん要素を盛っているけれども、その背景には「仲間を信じる」というたしかな思想が貫かれている。その軸がぶれない限りは話もぶれないし、要素を持ってもストーリーが成立するのだなと感心する。これを超えるホラー作品は世の中にそう多くはないと思う。
読了日:12月27日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 6巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)感想
やはり運命は変わらないのか。無力感に苛まれながらも、羽入が次の物語のキーパーソンになりそうな予感。殺される間際にレナがオヤシロ様への信仰心を吐露するところがぐっときました。それでこそレナですね。そして次巻の表紙が明らかに三四さんの子供時代っぽいのですが。物語はいよいよ終幕へと向かいます。とても名残惜しい気持ちを抱えつつも、この物語と出会えた幸せを噛みしめています。
読了日:12月27日 著者:竜騎士07,桃山ひなせ
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)感想
裏表紙で厭な予感がしたので、ほぼ流し読み。それでもけっこうきつかったです……。こういうバックボーンがあったとしても、部活メンバーを殺してしまった三四さんを肯定する気持ちにはなれないなぁというのが率直な感想でした。今後の展開はわからないけれど、大団円まで持っていけるのかな。ここまで勢いが止まらなかったので、次巻以降も期待したいです。
読了日:12月27日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)感想
入江先生にも壮絶な過去があったとは……。少々ネタがかぶりすぎていてインフレしている感があるけども、それでも入江先生の北条兄妹に向ける想いの切実さがよく伝わってきました。沙都子が雛見沢症候群に罹っているという予感は、すでに提示されていたので驚きませんでしたが、果たして彼女は救われるんだろうか……。この惨劇を終わらせることはできるのか、そしてこの輪廻の業ようなループを終わらせることはできるのか。物語は佳境に向かっていきます。
読了日:12月30日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 3巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 3巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)感想
悟史くんには夢を見ていたかったのだけど、叶わずじまいで本当に残念。一連の惨劇の背景がすべて明るみになって、ちょっと物足りなさも感じてしまいました。物語のはじまりが盛大なストーリー展開だっただけに、たったひとりに収束していくことで、物語のスケールがぐっと小さくなった気がします。祟りというものの不可知性ゆえの怖さを保つことと、物語のバランスを取るのはなかなか難しいのかな。とはいえ人に主軸や動機を持っていかないと、物語として機能しないことは目に見えているし、ここまで絶妙なバランスで運んできたのだなと感じます。
読了日:12月30日 著者:竜騎士07,鈴羅木かりん

読書メーター