5分で読書コンテスト、応募期間終了にあたって

 

経過報告

5分で読書コンテスト、応募期間が一昨日で終わりました。

私は「望月すみれに近寄ってはいけない」という掌編でホラー部門で参加させていただきました。

f:id:evie-11:20190303183054j:plain

kakuyomu.jp

 

 

PV155・♥19・★27・フォロー5件・コメント3件・レビュー2件、25日時点での最終ランクはホラー部門58位という結果になりました。

f:id:evie-11:20201125223851j:plain

 

f:id:evie-11:20201125223824j:plain

一時期はホラー部門で300位台まで落ちていたので、ここまでそれなりに健闘できたのかなと思います。

途中、カクヨム上でネガティブなコメントをもらったり、反応が芳しくなかったりと、なかなか気を揉みました。(コメントは削除済みです)

 

それでも「私物語化計画」主宰の山川健一先生にご講評をいただいて、「可能性を感じる」と評していただけたことが何よりの力になりました。

evie-11.hatenablog.com

 

またTwitterのフォロワーさんからレビューを2件いただきまして、改めてお礼申し上げます。

私が主宰している文芸同人サークル・かもめのメンバーの、御影あやさんといっこさんからもご感想をいただきました。

もちろん書いて投稿したからにはそれ相応の自信があってのことでしたが、それでも私ひとりの力だけではここまで来ることはできませんでした。

本当に人様に支えられて何とか乗り切れたなと感じています。

 

今後のこと

ひとまず2月頃になるという最終選考の結果を待ちたいと思います。

中編に仕立てるという気持ちに変わりはないのですが、電子書籍として出すかはまだ決めかねています。

というのも、KDPのロイヤリティの関係で、電書化するならカクヨムに作品を置いておくわけにはいかないからです。

もし万が一最終選考まで残ったら作品はカクヨムに載せておきたいですし、その場合はリライトは電子書籍にはせずに、カクヨム上にUPしたいです。

それはカクヨムコンテストでも感じたカクヨムというサービスへの恩返しでもありますし。

 

とはいえ、5分で読書という趣旨や、朝読に向くかという趣旨からは外れているのかもしれない……と感じているので、正直なところさほど期待はしていません。

その両方を兼ね備えた作品はヨムヨムをしていていくつも出会いましたし、受賞するならそうした作品だろうなと思っています。

落選の場合は、電書化するかどうかまた少し考えることになりそうです。

というのも、本当はリライト分はジャンプホラー小説大賞に応募したいと考えていたからで、体調上の理由もあって見送らざるを得ないかもしれないのですが、可能性は残しておきたいのです。

ちなみにジャンプホラー小説大賞の場合は投稿サイトへの掲載作も応募可能とのことなので、カクヨムで発表してもいいのかなと考えています。

j-books.shueisha.co.jp

これはまた追って考えます。

ひとまずリライトの準備を進めていきたいです。

 

余談

「俺、イタリアへ行ったら、お前のあの歌歌って頑張るからな……!」(「耳をすませば」より)ということで作品のイメージプレイリストを作っておいたのは少なからず励みになりました。

music.apple.com

プレイリストのラインナップは

コインロッカーベイビーズ/アーバンギャルド

senpai,notice me!/かめりあfeat.ななひら

Kill EVERYBODY/SKRILLEX

Euphoria/MASAYOSHI IIMORI

Ghost of a smile/EGOIST

の5曲です。

作品を読んでくださった方も、そうでない方もぜひご一聴いただければと思います。

このうち、senpai,notice me!には本当に励まされました。

今後とも作品のイメージプレイリストは積極的に作っていきたいです。