広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【5分で読書コン】レビューをいただきました

5分で読書短編小説コンテストに投稿した「望月すみれに近寄ってはいけない」にレビューをいただきました。

f:id:evie-11:20190303183052j:plain

kakuyomu.jp

 

yuki

「幽霊が見えることへの恐怖」が「幽霊が見えると知られることへの恐怖」へと発展していくのが面白い。幽霊という不条理な形而上的存在によって、整然たる物語の論理が破壊されたが故に、この小説は生まれたのではないか。そして主人公は物語を形作る因果関係が示されない為に傷ついていく。ホラーというジャンルを通して人生の不条理を見事に描き出しているこの作品を読んでいると、カミュの「シーシュポスの神話」を思い出した。

「幽霊が見えることへの恐怖」が「幽霊が見えると知られることへの恐怖」へと発展していく、というのは、まさにこの作品で描きたかったことです。

ホラー小説の軸というものは、怪異現象そのものにあるというよりも、むしろ人間関係のおぞましさにあると思っているので、そうした部分を読み取っていただけてうれしかったです。

また人生の不条理という点はそこまで意識したつもりはなかったのですが、ヒロインが現実に翻弄されていくさまは、たしかに不条理と呼べるのかもしれません。

どんどん悪化してゆく周囲の状況に、いよいよ追いこまれてゆくヒロインに救いはもたらされるのか。

それがこの小説で最も描きたかったことだと云っていいでしょう。

 

詳細はぜひ本編でお確かめください。

引き続き応援よろしくお願いいたします。