広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

『角川俳句』2020年9月号鑑賞記録

気に入った俳句を引用してまとめておきます。

俳句 2020年9月号 [雑誌] 雑誌『俳句』
 

 

水に色にじませ緋鯉浮かびくる

桔梗や言葉得るまで宙見つめ

木犀の香淀みて寝つかれず

胸もとを濡らして萩を括りたる

――片山由美子

 

十一面観音立像蝶の昼

――澤好摩

 

眉剃って永遠に六月の玉子

魂あそび葛布のやうな夕夏野

白濁のまひるにたかるあを揚羽

かささぎの鏡はたてに洗ふ髪

李白来よこのさきこの世うつぎ花

ひぐらしの傾ぐたましひ哭きたる木

葉月夕暮うしろを神の火照るかな

八月やかなたにあふれ傀儡の手

――鳥居真里子

 

嵐山映れる水に扇置く

――後藤比奈夫

 

霧吸うて来し唇を汝に与ふ

――有澤榠樝

 

深吉野や月光に鯉ひるがへり

――上田日差子

 

月光が釘ざらざらと吐き出しぬ

――八田木枯

 

ふくろうも絶滅危惧種夏の月

ほととぎすうつつに聞いてまた眠る

山百合がうつむき遅い月が出る

ほうたるが消えてしまった宙の闇

――綾野南志

 

いつときの雨音烈し夏布団

――蓬田紀枝子

 

残照の落雁ぞめく七万羽

――佐藤宣子

 

斜陽館へ向ふ鈴虫鳴く列車

――小野寿子

 

葛闇を引くや考妣(ちちはは)よみがへれ

――林桂

 

木造の教会古りぬ立葵

をさなごと雲見てゐたる晩夏かな

――押野裕

 

西方より歯車売りにくる冷夏

――田島健

 

邯鄲に人は器となりにけり

秋の蠅へと月光を折る鏡

花札の裏も野分の匂ひけり

――生駒大祐

 

緑陰にわれや一人の友もなく

冬鵙は独りの我を置き去れり

黒南風の傘さしてみんな孤独

――三橋鷹女

 

春泥を踏み昔日にもどりたし

蔵書印見つけ菫を挿みけり

チューリップ終焉どれもひとひらづつ

五重塔跡を残して霜降

秋霖の水分意思のわかれかな

――佐藤麻績

 

少年をたくさん招き雛祭

夕ぐれは別の水花菖蒲

鏡中に夕立の来る祇園かな

月の雁淡海は蒼き詩の器

年酒酌む李白杜甫も来たりけり

西行のこゑの暮れゆく花明り

年々に花の匂ひを濃くしたり

花吹雪すなはち詩歌ふぶきけり

干蒲団打って日本の午後となる

――小島健

 

階段が無くて海鼠の日暮かな

空蝉のからくれないに砕けたり

お浄土がそこにあかさたなすび咲く

たましいの暗がり峠雪ならん

ふぶく夜や蝶の図鑑を枕もと

――橋閒石

 

濾されたる絹の日差しや卓の薔薇

紫陽花のあふるる内に文士棲む

梅雨晴間どこかで本の雪崩ゐる

――津久井健之

 

売れ残りとまだ温かき甘栗を

手の中に木彫人形秋湿

――音羽紅子

 

竹の鏡をうすむらさきに沸く瞼

眼の奥に肉心状の椅子を置く

しおからい雨にもざいくする純銀

花瓦斯に波だつ山羊の声を綴ぢ

すえてゐた玻璃韻律の晴れる首

うはぐすり瞳孔祭りを鳴る虚ろ

もうろうの回藻を楽燃えあがる

水稲人より洩れる煙を梳る

鵜原抄みづは肉眼よりもとほい

ともす火の花伴して喪は行列する

――青木瑞季

 

 

最後に心に残った橋閒石の言葉を引く。

元来俳句の如き短詩型に於いて、もっぱら写生による印象明瞭を理想とするのは謬りであって、暗示的象徴主義こそすべての詩の本質であり、殊に短い詩に於いてはその生命とも言うべきものです。――橋閒石