広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

オカワダアキナ原作/雨伽詩音翻訳「さなぎ」

はじめに

Twitterでおかさんが同人小説を交換して日本語翻訳するという募集をなさっていたので、応募させていただきました。

 

 

おか(オカワダアキナ)さんの小説はこちら。「さなぎ」という小説です。

www.pixiv.net

 

2000字ほどの小説でということだったので、私は拙作「惜春記」をご提案させていただきました。 ほんのりブロマンスな書物SFです。ブロマンスということもあり、おかさんのお手でどのように生まれ変わるのか楽しみです。

kakuyomu.jp

「さなぎ」オカワダアキナ原作/雨伽詩音翻訳


ジモティーでレコードプレイヤーを譲ってもらえることになったんだが、代わりに行ってくれんか」
 煮魚をつつきながら祖父が云う。きのうのおれの食べ残しで、テーブルに出しっぱなしにしていたため、煮汁は冷えて固まりつつあった。祖父は煮こごりを飯にのせた。
「そんなの自分で行ったらどうなの?」
「それが、おまえのふりをしてやりとりをしてしまってな」
 たちまち呆れた風情になった母に、おれは口を挟む。
ジモティーってあれだろ、中古品を売り買いできるとかいう掲示板アプリ。あ、母さん、おれもそれ食べたい」
 母はめんどくさそうに飯をよそいながらも、「きょうは朝ごはんをちゃんと食べるね」とうれしそうだった。
 アプリの画面を見ると、祖父は母の名前になっていた。
「なにこれ、ネカマじゃない」
ネカマ?」
 祖父は意味を解さない様子だ。おれはちょっと笑った。
「相手が女性だから怖がらせるんじゃないかと思ってな」
 きまりが悪そうにぼそぼそと言う祖父をよそに、おれは画面の説明文にざっと目を通す。
“user:nagisa
レコードプレーヤー
1000円
自宅近くまで取りに来てくれる人限定”

 

 ずいぶん前に亡くなった曾祖母の家は長いこと放置されていたが、近ごろは祖父と母が少しずつ片づけている。古いレコードがたくさん出てきた。曾祖母の家にはミカンの木があり、空き家になってもアゲハの幼虫が這っていた。ミカンの実がなったのかも、アゲハが蝶になったのかも、おれは知らない。
 煮こごりもさかなの身も食べた。太い骨が汁と脂をまとって光り、おれは口に入れてなめたり吸ったりした。すぐに味はしなくなったが、舌と骨とを戦わせるのが面白かった。舌が負けたらのどに刺さる。
「やめなさい」
 母は俺を見とがめて、ぶつぶつ言いながらも、祖父の代わりにレコードプレーヤーを受け取りに行くことになった。祖父は母に二千円を渡した。

 

 nagisaとの待ち合わせは隣町だった。
「むかし不動産の営業をやっていたころに来たことがあるわ。チラシのポスティングをさせられて、住宅街を歩き回ったの。大きな家の、鳥のかざりのついた郵便受けに、チラシの入ったポケットティッシュを入れていたの。そうしたら奥からおばあさんが出てきてね、ティッシュならもっとちょうだいって言ったわ。十個ぐらい渡したらよろこんで、ポスティングはすぐに終わった。懐かしいな、雨上がりでもなかったのに、郵便受けはびしょびしょだったな」
 母は笑い、電車が来た。電車は水のにおいがした。地下鉄から乗り入れている電車で、きっと地下には水がある。じゃあ濡れた郵便受けとは? 祖父の家はマンションなので、郵便受けは階段下に並んでいる。通学路の歩道橋は雨がふると水がたまり、手すりにさわると手が鉄のにおいになる。濡れた郵便受けも? そうしておれも、懐かしいなと小声で言ってみた。学校にはしばらく行っていない。
 電車はすいていた。母は車のキーをポーチにしまった。レコードプレイヤーを受け取るのだから、祖父はおれたちが車で行ったと思っている。だが実際には車は駅前の駐車場に停め、電車で向かっている。なぜなのか母は言わないが、おれはうすうす気づいている。黙ってうしろをついて行く。

 

 知らない町だ。大きな犬とすれちがった。
「チャウチャウ犬ね。中国の犬で、舌が青いの」
「本当? ちゃんと見たかった」
「真っ青ってわけじゃないのよ。青黒い感じよ」
 あわてた様子の母をよそに、街路樹の下に幾多も落ちた実を俺は踏んで歩いた。割れてくさいにおいがする。スニーカーの裏に詰まる。
 待ち合わせの公園は周囲をアパートと家に囲まれていた。どれかがnagisaの家なのだろう。母がアプリから連絡すると、やせたおじさんが出てきた。レコードプレーヤーは二重にした紙袋に入っており、おまけと言ってレコードも何枚かつけてくれた。母は千円を手渡した。
「麻薬の取引みたいね」
 おじさんが帰ってから母はつぶやいて笑った。
 公園のはす向かいの庭で太った女の人が水まきをしていた。見ていたら目が合った。nagisaだろう。祖父とやりとりしていたのはあの人で、おじさんは代わりに持ってきた。母は見なかったのでおれだけ気づいた。長く伸ばしたホースで、シャワーは庭をはみだし、車や生け垣にかかった。どうりで郵便受けも濡れるわけだし、曾祖母の家のミカンは実がなっただろう。重たい重たいと文句を言いながら、母と交代でレコードプレーヤーを抱えて帰った。


 祖父に教わったとおり、そうっとレコードに針を落とす。ぶつっと音がして音楽が流れはじめる。
「子どものころ鶏を飼っていてな、鶏には野菜を食べさせていたから、ふんが緑色で芋虫みたいだった」
 祖父が昔話をする。ふんはアゲハになったのだ。
 今日、母は免許センターに行っている。運転免許の期限が過ぎてしまって手続きが必要になったためだ。
「前の家にハガキが届いてるんだからしょうがないでしょ」
「失効しているのをわかってて運転するんじゃない」
 祖父の言い方はやさしく、母はおとなしくうなずいた。前の家には父がいて、たぶんもう会わない。
 おれは祖父と買い物に行き、フードコートでかき氷を食べた。スニーカーの裏はまだくさい。ブルーハワイで舌が青くなり、おれはチャウチャウ犬のこともわかった。

 

 

 

今回翻訳させていただいた感想と分析

謎解き

おかさん、文章がお上手すぎて腰を抜かしそうになりました。

作品を何作も拝読してわかっていたことでしたが、こうして翻訳してみると、文章のリズム感が絶妙で、力の抜き加減とテンポが効いていて、味わい深すぎます。

それから「謎解きの構造」がしっかりしていて、とても勉強になりました!

説明するのもちょっとヤボですが、

  • 曾祖母の家のミカンとアゲハ蝶
  • 濡れた郵便受け
  • 母の運転免許
  • チャウチャウ犬

という謎の要素がしっかり小説の中で符合し、呼応して解き明かされていく気持ち良さを感じました。

それも大きな謎ではなく、ささやかな謎だということもポイントが高くて、一見さらっと書いているように見えるのに、その裏側にはこれほどの仕掛けがあるのかと、翻訳していてわくわくしました。

これは日本語翻訳にあたって、読解力が試されますね。

 

どこを残すべきか

翻訳にあたっては、どういうワードやセンテンスがこの小説のパンチラインなのかを把握するセンスが問われます。

私は会話文はだいたいカギ括弧でくくってしまって、ややライトにしましたが、原文をそのまま生かしたいところも多くて、あえて手を入れていないところもいくつかありました。

煮こごりもさかなの身も食べた。太い骨が汁と脂をまとって光り、おれは口に入れてなめたり吸ったりした。すぐに味はしなくなったが、舌と骨とを戦わせるのが面白かった。舌が負けたらのどに刺さる。 

 ここはほぼ原文のまま残しました。

上の引用個所はオカワダさんならではのエロスが光っていたので、ここに手を入れるとオカワダさんらしさが削がれるだろうなと感じました。

それから「舌が負けたらのどに刺さる」というのがこの文章のパンチラインですね。

エロスを畳みかけてからの絶妙な力加減のセンテンス。センスが光ります。

 

母は笑い、電車が来た。電車は水のにおいがした。地下鉄から乗り入れている電車で、きっと地下には水がある。じゃあ濡れた郵便受けとは? 祖父の家はマンションなので、郵便受けは階段下に並んでいる。通学路の歩道橋は雨がふると水がたまり、手すりにさわると手が鉄のにおいになる。濡れた郵便受けも? そうしておれも、懐かしいなと小声で言ってみた。学校にはしばらく行っていない。 

この文章はこの小説の肝なので、ここは残すべきだろうと判断。

上に書いたように、謎解きの一番大事な文章になっています。

ここで「懐かしいな」という風にカギ括弧で括ってしまうと、そのあとの「学校にはしばらく行ってない」というパンチラインのセンテンスの効力が弱まるので、ここは地の文に収めました。

 

漢字の開き方

これはほぼそのまま踏襲しました。「片付け」「始める」など、個人的に開くのが好きな漢字は開きましたが、他はほぼそのままです。

「さかな」「よろこんで」「水まき」「あわてて」など、開いた方がぐっとあか抜けた雰囲気になるなぁと感じるところも多く、全体のバランスの良し悪しが前提となるとはいえ、とても勉強になりました。

私はあまり漢字を意識して開かないタイプで、真っ黒な文章を書いてしまうので、今後はもっと気をつけてみたいです。

 

翻訳で変えたところ

会話文

おかさんの文章を翻訳するにあたって、もっとも手を入れたのは会話文でした。

おかさんのような文章は逆立ちしても書けない以上、手を加えるなら、もう少し明快な文章に変換してみたいという気持ちがあったのです。

おかさんの文章の最大の魅力は「とりとめのなさ」だと思っているので、明快さとは真逆だと思うのですが、せっかく翻訳するのなら、思い切って変えてみたいと思いました。特に冒頭はずいぶんとライトな印象に変わりました。

会話文をカギ括弧であまり括りたくないという気持ちは私自身書き手として感じていることなので、これがどのように受け止められるかはわかりませんが、読み手としては明快に翻訳するというのもアリなのかなと思います。

それからnagisaの説明文もちょっとアプリ風にしてみました。ジモティーはやったことがないので、メルカリ風に。

【レコードプレイヤー】という表記にしようか迷ったのですが、さすがにやりすぎだなと思って自重しました。

 

ジェンダーと文学

小説を読んだり、ツイートを拝見したり、今回翻訳をしていて、おそらくおかさんはジェンダーというものをできるだけ遠ざけて文章を書いていらっしゃるのだろうなと感じるのですが、私はあえてジェンダーを意識してセリフを一部変えました。

これは完全に好みの問題で、ポリコレ的に正しいかどうかはあまり議論したいわけではないのですが、私は性差や年齢を文章に反映させたいタイプの頭の古い人間なので、祖父はやや老人風に、母親は女性的な言葉遣いに変えました。

ジェンダーレスなのはおかさんの文章の特色だと思っていますし、ここを変えていいものか、だいぶ悩んだのですが、会話文をカギ括弧にすると、どうしてもキャラクターの性別や年齢を際立たせないと、誰が話しているのかわかりづらいという問題もあり、なかなか根が深いなと思います。

ジェンダーと文学の問題はこれからますます争点になっていくでしょうし、大きな流れとして変わっていくのか、あるいはこのまま「リアリティのない役割的な言葉遣い」が残るのか、注目していきたいです。