小説を書くこと

水蜜桃をもとめて

過日、注文していた本が届いた。 ひとつは塚本邦雄、そして赤江瀑だ。 塚本邦雄を手に入れようと思ったきっかけは、竹雀氏と交わした創作トークの中で、自分が小説に映像美を求めていること、そしてその原点が和歌にあるということを突きつけられたからだっ…

言葉について

先日ヘミングウェイ読書会で、竹雀氏と常磐行人氏と同席したのだが、その際に英語の持つ多義性についての議論になった。 漢文に詳しい竹雀氏は同じグローバルな言語であっても、漢文というのはより厳密に語義を定義し、千年経っても揺らがないところがいいと…

異性を描くということ

私は小説の中で異性を描くのが本当に下手で、『文芸ラジオ』1号に寄稿した「翡翠譚」に出てくる仙人・白翠も、読者の方から「女性だと思っていた」と評され、今回『かもめソング』に寄稿した「翠の鳥」の主人公・清雪も、校正会の段階で、メンバー全員から「…

ブクマしているデータベースまとめ

ブクマはしてるけれど、大学を出てからほとんど活用できていないデータベース類をまとめておこうと思います。 あくまでも私個人がブクマしていたものなので、完全に網羅しているわけではありません。 各リンク先にデータベースがまとめられているので、もの…