2021-01-08から1日間の記事一覧

2020.01.07 仄暗い水の底から&今後の創作の展望

「私」物語化計画で紹介されていたのをきっかけに鈴木光司『仄暗い水の底から』を読んだ。 冒頭の三編が特に良い。 中でも「孤島」は幻想小説に近い雰囲気で魅せられた。 また「穴ぐら」はもはやホラーというよりも純文学に近い人間模様が浮き彫りになってい…