広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

2019年創作振り返り

1〜6月までの振り返りはこちらに記事を書いたので割愛します。

evie-11.hatenablog.com

今回は主に下半期のことを書いていきます。振り返ってみれば公募に挑戦しつづけた半年間となりました。

 

1〜8月まではTwitterにいましたが、それからしばらくTwitterをお休みして、公募にせっせと投稿していました。

公募についてはこちらに記事を書きました。

note.com

公募に投稿する中での大きな出来事としては、「詩の街ゆざわ」短歌会で佳作をいただいたことでした。

f:id:evie-11:20191208150937j:plain

それまでうさうららさんの主宰するネプリ「短歌ハッシュ」にぽつぽつと寄稿する程度で、短歌歴は浅かったので、まさか入選するとは思いませんでした。

体調が悪くて横になりながら詠んだ歌だったので、やはり何事も挑戦してみるものだなぁと勇気をいただきました。

その他にもエッセイをいくつか投稿しましたが、こちらはまだ結果が出ていないものも多く、なんとも云えません。

もう少し粘って投稿するか、エッセイはすっぱり諦めて、俳句や短歌の投稿に専念するか考えようと思っています。

 

 

それからしばらく短歌を学んでみようと思ってみたものの、体調を崩したこともあって、俳句に時間を割くことが増えました。

上の写真にも載せましたが、ネプリ同時配信企画「ペーパーウェル03」でも俳句のポストカードを配信しました。

作品はこちらで無料DLしていただけますので、ご興味のある方はどうぞ。

star-bellflower.booth.pm

 

「ペーパーウェル03」についてはこちらに記事をまとめています。

evie-11.hatenablog.com

 

 

また上にも書いたように、12月にははじめて角川俳句投稿しました。

俳句 2019年12月号 [雑誌] 雑誌『俳句』

俳句 2019年12月号 [雑誌] 雑誌『俳句』

 

私の詠む俳句は季語と定型は基本的に守っているものの、俳味のかけらもないので大丈夫かしら……と思っていたのですが、こちらの本に掲載されている俳句の中でも耽美に寄せた俳句もちらほらとあり、思い切って投句することにしました。

note.com

 

 

 俳句は詠みはじめてそろそろ四年目になりますが、結社に所属しているわけではないので、完全に我流です。

敬愛している俳人は三橋鷹女と藤原月彦で、特に藤原月彦からは多大な影響を受けました。

そのことについてはこちらの記事で触れました。

note.com

 俳句についてはまだまだ書きたいことがあるので、今後とも有料マガジンにて書いていこうと思っています。

 

 

そして公募といえば、カクヨムWeb小説短編賞2019にこちらを投稿することにしました。

kakuyomu.jp

内容は和漢折衷妖怪ファンタジー短編小説です。人と妖をめぐる幻想譚になっています。

現時点で、

 

総合ランキング554位/3211作品中
異世界ファンタジー部門64位/409作品中(12/27現在)

という成績です。

 

友人のスケザネさんからいただいたご感想はこちら。

evie-11.hatenablog.com

これは私の読んだ嘉村(雨伽)作品の中で、最高傑作ではないでしょうか。
嘉村作品の強みである設定の魅力はそのままに、弱点であった設定や詰めの甘さが徹底的に煮詰められて、見事というほかありません。 

とうれしいお言葉をいただきました。 

 

 

さて、来年の目標としては引き続き公募への各種投稿を続けながら、同人も楽しめればいいなと思っています。

キャパシティの小さい人間なので、なかなか両立させるのが難しいのですが、同人誌は作れないまでも、ネプリを配信するなど、なんらかの形でみなさんと交流ができればうれしいです。

 

今のところ参加する予定のイベントや企画を挙げておきます。

◇長屋アンソロ『ひとのうわさ』

twitter.com

c.bunfree.net

長屋住まいの墨屋を営む夫婦と、風流な浪人をめぐるお話を書きました。ポケモンGOにハマっている影響で、猫GOな作品になりました。

墨屋にしようと思ったのは、学生時代に聞きかじった古梅園さんが念頭にあったからです。

kobaien.jp

長屋住まいの夫婦の墨屋はこんなに立派なお店ではありませんが、思わぬところで知識を活かせたので、何事も学んでおくものだなと思います。

 

◇一次創作限定 エア同人誌即売会企画

air-comi.66-lucid.com

まだ内容は未定ですが、ネプリ同時配信企画「ペーパーウェル」が毎回楽しいので、こちらにも参加しようと思っています。

余裕があれば小説の折り本を作りたいですが、なかなか余裕がなければ千字掌編のペーパー一枚か、俳句のポストカードになると思います。

 

◇ちょこっと文芸福岡

chocottobun.wixsite.com

ちょうど春に小説の折り本を配信しようと思っていたので、ちょこっと文芸にも折り本を送ろうかなと思っています。

内容はまだ未定です。せっかくの同人なので、好きなものを好きなように書けたらいいなと考えています。いつもの和漢折衷ファンタジーになるかもしれません。

 

その他、参加できそうなアンソロジーがあれば積極的に参加したいなと思っています。

お声がけはいつでもお待ちしておりますので、TwitterのDMまでどうぞ。