広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

ブルベ夏の夏が来る

今週のお題「わたしの好きな色」

私の好きな色はラベンダーや青みピンク、一昔前に流行った紫陽花色と呼ばれる淡い青紫などで、いわゆるブルベ夏カラーと云われるものだ。

f:id:evie-11:20190625161031j:plain

 

最近AIで診断したところ、パーソナルカラーがブルベ夏ということがわかった。

f:id:evie-11:20190625161258p:image
f:id:evie-11:20190625161301p:image

それまでもブルベ夏カラーであるピンクブラウンのコスメを買い集めてきたのだけれど、最近はコスメ情報をチェックするたびにブルベ夏カラーのものがあればスクショを保存するようにしている。

デパコスは欲しくてもなかなか手が届かないけれど、その分しっかり情報収集をして、プチプラコスメでも自分に似合うものを選ぶようにしている。

今年上半期のお気に入りは、excelリアルクローズシャドウ「チュールスカート」とviseeのマイヌーディアイズBE2。

f:id:evie-11:20190625161922j:image

特にviseeの方はブラウンシャドウということもあってどんな服にでも合わせられることと云い、何より人からの反応が良いので重宝している。

excelチュールスカートは青みパールが透明感をもたらしてくれるし、ローズカラーも絶妙でまさにブルベ夏カラーと云ったところ。

いくらコスメが好きでもトレンドコスメをすべて抑えることはできないので、パーソナルカラーと口コミは何よりもものを云う。日々の情報収集が欠かせない。

 

その代わり、発色重視な単色アイシャドウはデパコスを買うようにしている。

f:id:evie-11:20190625164639j:image

左からshu uemuraのプレスド アイシャドー「M660 A」、NARSのピュアポップス「5357シマリングピンクライラック」、ADDICTIONのシノワズリ「Empress Orchid」「Pink River」。

これらはいずれもビビッドカラーなので、目尻にほんの少し差すように使っている。

このうちNARSのものは発色が良いわりに普段使いしやすい色味なので、全体をブルー系の服でまとめる時に使う。

彼が濃いシャドウが好きということもあって、もう少しラインナップを増やしてもいいかなと思っているところだけれど、そうすると服とのバランスが難しい。

モード系の服はあまり着ることはないし、どちらかというとコンサバ寄りなので、黒コーデの時や、普段使いできるチャイナドレスを纏うときや、ちょっと攻めたい気分の時に使うという感じだ。

普段はブルベ夏カラーに準じたアイメイクをすることが多い。

 

リップはもっぱらAubeを愛用しているけれど、やはりローズカラーやピンクが多い。唇がぽってりとしているためか、アイシャドウを多めに載せてしまうためか、淡い色や肌なじみの良い色しか似合わないのが目下の悩みだ。

デパコスカウンターでも「やわらかい雰囲気なのでピンクがいいですね」と云われたし、そのとき青みピンクのリップを買ったものの、マットな質感があまり好きになれずにほとんど使っていない。発色の良さを重視しないのであれば3000円ほどの価格帯のドラストコスメで充分かなという気がしている。

リップには事欠かないので、今のところ新たに買い足す予定はないけれど、次に買うならやはりAubeのピンクのリップPK14を選ぶと思う。塗り心地が気に入っていて、Aubeのリップはメイクをはじめた頃からずっと愛用している。

 

またファッションでもブルベ夏カラーを取り入れている。

手持ちの服もピンクよりは淡いブルー系を好むし、ファッションも綺麗めなものが好きなので、今日こちらのワンピースをお迎えすることにした。

前から気になっていたアイテムではあったのだけれど、たまたまTwitterを見たらセール中でラスイチというので即決した。

f:id:evie-11:20190625161519j:image

夏服のワンピースはすでにたくさん持っているのだけれど、ラベンダーカラーのワンピースは前々から欲しかったのだ。涼しげなチェック柄にも惹かれた。

f:id:evie-11:20190625170810j:plain

このワンピースに、先月お迎えした帽子を合わせれば、それだけで夏のコーディネートが完成すると思う。だんだん日差しが強くなってきて、どちらかというと日傘の出番が多くなってきたけれど、カメラで写真を撮るためにお迎えしたこの帽子も活用していきたい。

私の夏服のカラーは水色・ネイビー・白・黒が基本になっているけれど、ここにラベンダーも加わるとなると今から届くのが楽しみでならない。