広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【活動報告】摩天楼奇譚

先日Twitter300字SSに寄稿した作品をカクヨムに移しました。10月分を移植するのをすっかり忘れていたため、ふたつ併せて更新しました。

kakuyomu.jp

 

kakuyomu.jp

 

一応、このブログは「このページだけで作品を読める」という点に重きを置いているので、重複にはなりますが、個人サイト「紫水宮」に載せたものも貼っておきます。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/180681780773/摩天楼奇譚

star-bellflower06.tumblr.com

前回の「東方瑠璃光世界」と同じく、この「摩天楼奇譚」も仏教がベースとなっている作品です。今回は珍しく現代が舞台で、いわゆる転生モノと呼ばれるジャンルです。あかあかやと詠んだお方は今更ここに書くまでもないので言及しませんが、よもや自分が転生モノを書くことになろうとは思ってもみませんでした。
だいたいこういう作品は即興で書いているので、実際にPCに向かってみなければ、何が生まれてくるかもわからないのですが。


いわゆる転生モノは私はどちらかというと苦手で、別の畑にいた時も極力避けてきたのですが、自分が書くときには人物にフォーカスするというよりは、彼の来し方行く末が時代を超えて直でつながるという面白さに惹かれたのでした。
永久の時間というものにフェティシズムを感じる類いの人間なので、時間操作の魔力に魅せられたのかもしれません。
そういうわけで時間SFが気になる今日この頃です。

www.hayakawa-online.co.jp

津原泰水のSFというと、彼から譲ってもらった『バレエメカニック』が面白かったので、こちらもぜひ読んでみたいところですね。

バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)

バレエ・メカニック (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 

 

そしてTwitter300字SS公開日は、かもめソングの方も担当日だったので、「図書館という味方」というエッセイを書きました。

http://kamomesong.tumblr.com/post/180680917382/図書館という味方

kamomesong.tumblr.com

 

こちらは昨年書いたかもめソング — 図書館という希望というエッセイの姉妹編のような作品ですが、図書館に関するブログ記事やライフハックの記事をネットで読みあさって、それでもかゆいところに手が届かなかったので書いたのでした。
半ば自分への叱咤激励をこめて書いたのですが、パセリ流星群を主宰しておられるスケザネさんから「嘉村さんにとって図書館とは家庭なのですね」というお言葉をいただきまして、ようやく腑に落ちた気がしました。
先日は録画していたNHK美の壺」の図書館特集を観ていて、図書館の使い方も見方も求めるものも十人十色なのだなぁということを実感しました。
そのなかで自分なりの図書館との付き合い方について、一度まとめてみたくなって今回筆を執ることにしたのでした。
おかげさまでいつもより多くの方々にご反応いただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後とも折に触れて図書館のことをエッセイに書いていけたらと思います。