広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【活動報告】俳句・詩・SS

■俳句
この夏はすこぶる体調が悪く、寝込む日が続いたので俳句を詠みました。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/176295579102/午睡の夢-寝乱れて琅玕宮へ赴けり-寝乱れて臥遊に耽る盛夏かな-寝乱れて古歌を歌へる日暮れかな

star-bellflower06.tumblr.com


これまで自分のことを俳句に詠むということはあまりしてこなかったのですが、病で臥せっている自分というものを客体化してみるとなかなか面白くて、自分の中にある世界や思い出の断片とともに重ねてコラージュしてみました。まだ試行錯誤の段階ですが、たまにはまたこういう作品を詠んでみたいです。

 

■かもめソング

http://kamomesong.tumblr.com/post/176619686980/貴方へ

kamomesong.tumblr.com


詩を書きました。こちらもこれまでとは違って自分の実体験を詩に起こしてみたのですが、直接的に自分の内面性を歌った詩というのが好きになれないタイプなので、まだまだ改良の余地はありそうです。こちらもまだまだ実験段階ですね。

 

■SS

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/176620694113/葉月唄

star-bellflower06.tumblr.com


こちらはいつも通りに完全に外の世界を描きました。先月観た市川崑の「悪魔の手鞠唄」のインパクトが強くて、わらべ歌テイストの詩を書くのが楽しいです。竹雀氏には「あやかし万華鏡」もわらべ歌の裏バージョンのような詩、と評してもらいましたが、兄と妹という関係性とわらべ歌の相性はなかなかよいようです。
志方あきこさんの「オトシモノ」にもだいぶ影響を受けています。「をかし」は本当に名盤ですよね。続編となる「あやし」も欲しいのですが、未だにお迎えするに至っていません。

をかし

をかし

 

 

あやし

あやし

 

 

 

さて予告です。


8/11 平成最後の夏をテーマにした詩を「紫水宮」に投稿予定
8/18 「パセリ流星群」に架空の文士を描いた千字掌編を掲載予定


公開され次第、またこちらで告知いたします。