広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

2017年創作活動ふり返り

今年は文芸同人サークルかもめが一周年を迎えたこともあり、メンバーとの交流を心の支えとして創作に励んだ一年になりました。

個人的な活動でつらいことがあっても、丁寧に綴られた感想をメンバーたちからもらうと、それだけで創作の力に変えていけた気がします。この場を借りてあらためて感謝いたします。

相変わらずめぼしいカフェを見つけてメンバーを連れ回していましたが、過去五回催したお茶会はいずれも好評だったので、来年も素敵なカフェにご案内できればいいなと思います。

過去のかもめのお茶会の様子はこちら。

 

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

 

来春5月の文フリでは、いよいよかもめの合同誌を頒布する予定です。みなさまにメンバーたちの想いのこもったご本を届けられるよう、がんばります。

 

個人的な活動という意味では、本当に苦しい一年になりました。

小説をまともに書けなくなってしまって、長いスランプに陥りました。そんな中でもうさうららさんの主宰なさっていた「べんぜんかん」に掌編「霊亀譚」を寄稿したり、うささんが定期的に発行なさっている「短歌ハッシュ」に短歌を寄稿した経験は大きな糧になりました。

これまで短歌というと苦手意識があったのですが、今年は万葉集に触れる機会もあって、古典的な風情の歌を詠む楽しみを覚えました。

とてもいい刺激をいただいたので、自前で詠んでいる俳句の方ももっと磨きをかけていきたいです。

 

また詩に支えられた一年でもあったなと感じます。かもめソングに寄稿した詩も、紫水宮に載せた詩も反応をいただけることが多くて、詩を書くことで心が救われていたような気がします。

来年5月の文フリでは嘉村詩穂名義の詩集を頒布する予定です。同人誌を作るのはこれがはじめてなので、上手くいくかどうか不安もありますが、できるかぎり美しい本に仕上がるよう励みたいです。

 

来年はなんとか小説を書けるように日々の読書体験を積み重ねていきたいです。

今年のベスト10冊は、また下旬が近づいてきたらブログに書きたいと思います。