広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【お知らせ】今後の予定

唐橋史さん主宰の19世紀アンソロジー』の頒布が、諸事情により延期になるそうです。

 

112325文学フリマ東京での頒布に変更されるとのことで、楽しみにしていただけに残念だったのですが、今のところ一般参加の予定なので、この目で実物を見られると思うと待ち遠しいです。

 

私は明治維新のころの神仏分離令下の興福寺を舞台にした歴史短編小説「阿修羅」を寄稿しています。

 

 

再度今後の予定を書いておくと、

 

Text Revolution 6  20171028

http://text-revolutions.com/event/

 

Zinein別府 2017113日(金)~5日(日)

https://zinebeppu.jimdo.com/

 

にて、掌編「霊亀譚」を寄稿した手製本アンソロジー『べんぜんかん』が頒布されます。

 

先日著者献本をいただきまして、本当にかわいらしくて中身をお伝えできないのが残念なほど素晴らしい一冊に仕上がっているので、秋の頒布が今から楽しみです。

主宰のうさうららさんのイラストによって、それざれの作品の個性がひとつに結び合わされていて、この本でしか味わえない読書体験が読者のみなさんを待っています。

f:id:evie-11:20170629123209j:plain

 

「べんぜんかん」についての詳細はこちらから。

twitter.com

 

 

 あとは時期は未定ですが、かもめで何かしら紙媒体での活動ができればいいなとぼんやり考えております。

次回のお茶会でプレゼンしてみる予定です。

また詳細が決まりましたら追ってお知らせします。