読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

かもめのお茶会#3 レポおよび活動報告

お知らせ

先月19日にかもめのお茶会#3を催しました。

山種美術館にて「日本画の教科書 東京編」を鑑賞後、ミュージアムカフェ椿で展覧会にちなんだ練りきりとお茶をいただく会でした。

f:id:evie-11:20170304144537j:plain

 

f:id:evie-11:20170304144517j:plain

私は松岡映丘「春光春衣」にちなんだ「桜がさね」とお抹茶をいただきました。

お茶会の席では美術展の感想を語り合い、それぞれに気に入った絵画を挙げたのですが、私は茂田青樹「春庭」と菱田春草「月四題 春」が好きと云ったら、メンバーから「ブレないね~」との評価をいただきました。

もともと春草の絵は好きだったんですが、幻想的なうつくしさと季節感があいまって、涙がこぼれそうになりました。茂田青樹の方は今回はじめて目にした画家で、やわらかなタッチのなかに郷愁を感じてしまい、すっかり絵の中に入りこんでしまいました。

 

日本画にせよ東洋絵画にせよ、絵の中に引き込まれてシンパシーを感ずることができるのは大きな魅力だと思っています。西洋絵画のようなはっきりとした色使いやタッチではないので、居心地がいいのかもしれません。

ひと頃は以前ほど近代日本画を楽しめなくなっていたのですが、今回久しぶりに目にしたことで、ふたたびその魅力を感じ取られたのはなによりもうれしかったです。

 

ミュージアムカフェではさまざまな話題が出ましたが、特に印象に残っているのは「原点回帰するならどの作家?」というお話。

竹雀氏は谷崎だというので、私は鏡花だと云ったら大いに納得してもらえました。

鏡花は大学時代に出会った至高の文豪のひとりです。彼の作品がなければ私はここまで小説を書き続けるということもなかったでしょうし、「翡翠譚」も生まれえなかったでしょう。

それでも私自身はまだまだ原点回帰をするには早いと思っています。

最近は文アルの影響や仕事をはじめたことで、読むジャンルも変わってきつつあるので、もうしばらくこの変化を楽しみたいという気持ちが強いです。

これについてはまた別の機会に語るつもりでおります。

 

お茶会のあと、竹雀氏と夕食をとって恵比寿駅の駅ビルの書店へ。

原点回帰はまだしたくないと云いつつ、だいぶ弱っていたこともあって金井美恵子の短編集を二冊ほど手に取ったのですが、「いやいや、まだ二冊ほど家に積んでるぞ」と思い直してリャマサーレスの『黄色い雨』を手に取りました。

ちょうど大学の先輩におすすめしていただいていたこともあり、また海外文学にもっと触れなくてはという思いもありまして。

まだしばらく積むことになりそうですが、仕事が一段落したら読もうと思っています。

 

さてさて、かもめといえば、先月の投稿にいろいろと反響をいただきましてありがとうございました。

 

「挽歌」というタイトルの詩を書きました。

 

http://kamomesong.tumblr.com/post/156795146341/挽歌

kamomesong.tumblr.com

幼いころに図書館から借りて愛読していた、妖精にまつわる児童書が今回の詩のベースとなっています。

当時は小学生だったのですが、男の精気を吸いとる女の妖精にたまらないエロスを感じていたのを覚えています。

本に描かれた妖精たちも透きとおるような薄衣をまとっていて、ヌードのような雰囲気がただよっていたのでした。

その他、O・R・メリングの『妖精王の月』は大切な愛読書でしたし、葛城稜『妖精のそだてかた』は大好きな一冊だったので、妖精は親しい存在として私のそばにいたような気がします。

 

妖精王の月

妖精王の月

 

 

妖精のそだてかた (MOE BOOKS)

妖精のそだてかた (MOE BOOKS)

 

 

そういうものと、幼少期から触れていた森林の雰囲気が合わさってこういう詩になったのでした。

今回の詩にBGMをつけるとしたら、ハチスノイトのkamuy mintarでしょうか。

意識的に雰囲気に合わせたというわけではないのですが、そこそこ似合うのではないかと思います。


ハチスノイト(hatis noit)/kamuy mintar (short ver.)Music Video

 

今月の詩についてはまた来週にでもお話します。