読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

読書のモチベーションを保つには

思考メモ
万年無気力人間なので読書のモチベーションを保つのが難しいときがちょくちょくあります。
 
また併読をはじめたこともあり、どの本をどれぐらい読んだかを目に見える形で残しておきたいこともあって、今年の1月から記録をつけはじめました。
(元来記録魔なのでこういう作業は苦にならないのです)
 
f:id:evie-11:20160220173820j:image
 

f:id:evie-11:20160220171553j:image


書くのは日付・読んだ時間(朝昼夕夜で表記)・本のタイトル・読んだページ数(読み終えた最後のページ数ではなく、何ページ分読んだかを書きます)。
一章読み終えたらその章の数を書き添えたり、本を一冊読み終えたら読了の文字を書き入れます。
 
公共図書館では読書通帳という形で読んだ本を記録できるところもあるようですが、云ってみればこれは自分だけの読書通帳。
 
特に読んだ分のページ数を書いておけば読書ペースを掴むことができますし、併読している場合は各本の読書ペースを調整したりもできます。
 
だんだんノートのページが増えていくと、それだけ本を読んだということで嬉しいものですし、毎日の読書のモチベーションを上げるのにも役立っています。
私の場合は目に見える形で残すというのがモチベーションを維持する上では大きいみたいです。
 
読書メーターでは読書ペースが誰の目にも明らかな形でグラフ化されてしまい、つい焦ってしまいがちですがこれならその気苦労もありません。
自分のペースで読み進められます。
 
Excelなどで管理するのも手だとは思いますが、アナログで管理した方が形が残る楽しみもあるのでおすすめです。
 
あくまでも記録魔向けなので、めんどくさいという方には強いておすすめしません。
またこのような使い方だけでなく、自分なりに工夫を凝らしていろいろ試してみるのもいいかと思います。