広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

2015-11-29から1日間の記事一覧

【書評】若菜くるみ「瞼の裏の水色の街」(『文芸ラジオ』一号掲載作品)

まず読んでいて感じたことはバランスがいい、ということ。物語の尺に対して内容が過不足なくまとめられているところがいい。物語の展開と構成にも無理はなく、登場人物たちの挙動にも自然な流れができている。何より台詞に頼りすぎることなく物語を動かして…