広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【お知らせ】二本のエッセイ

告知がしばらく遅れていましたが、かもめソングにエッセイを二本載せています。
 
Wi-Fiのつながらない部屋
 
http://kamomesong.tumblr.com/post/166139707175/wi-fiのつながらない部屋

kamomesong.tumblr.com

部屋のWi-Fiがあまりにもつながらないので、これはもうネタにするしかない、という気持ちでエッセイを書きました。妙にぎこちないのは、私がブログを書くことはあってもエッセイを書き慣れていないからなのですが……ううむ、あまり上出来とは云えませんね。

とはいえ彼の知り合いの方からご好評いただいたようで、ありがたいです。

もうちょっと垢抜けた文体を身につけられるといいのでしょうけれど……。

 

 

◇引っ越して行ったあなた方へ

http://kamomesong.tumblr.com/post/167116578500/引っ越して行ったあなた方へ

kamomesong.tumblr.com

 

エッセイはもうしばらく書かなくていい、と思っていたのに、最近読んでいるタブッキのいうところの「サウダージ」に駆られて、つい筆を執ってしまいました。

 

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

 

 

レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

 

 (タブッキについてはまたいずれブログに書きたいと思っています)

その「サウダージ」を表現する手段として、私の肌にしっくりなじむのは、小説でも詩でもなく、やはり書き慣れた手紙のようです。

彼から「手紙魔」と云われるほど、私は手紙をしょっちゅう書いています。

便箋やはがき、切手を選ぶ楽しみもまた格別なんですよね。

 

それから、高村光太郎のエッセイに「出さずにしまった手紙の一束」というものがあって、こちらの記事でも一部紹介したのですが、そういう気持ちでエッセイと向き合ってみるのもいいのかなと思って書いたのでした。

evie-11.hatenablog.co

こうして手紙のようなエッセイを書くのは、実は二度目で、個人サイト「紫水宮」には、バイト先で知り合ったある女性に宛てた手紙を載せています。

うつくしい人 | 紫水宮

長くなるのでこちらは折りたたんでおきますが、ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

【お知らせ】短歌ハッシュ11月号に参加しております

f:id:evie-11:20171111182100j:image

 

うさうららさん主宰のネットプリント「短歌ハッシュ」11月号に参加させていただいております。

 

詳細はこちら。

セブンイレブンにて出力できます。

配信番号は21061580です。

11月17日までの配信になるのでよろしくお願いします。

 

拙作の短歌に触れておきますと、メルヘンでかわいらしいイラストとは相反して暗黒メルヘンな一首になっています。

もともとはかもめソングに載せた詩を短歌に仕立て直したものです。

http://kamomesong.tumblr.com/post/152762248303/或神話研究者の最期

kamomesong.tumblr.com

この一年ちょっと詩を公開してきて、その中でもこの作品は気に入っている詩のひとつ

 なので、今回こういう形でリメイクできてよかったなと思います。

 

 

それから来年5月の文学フリーマーケット東京の募集がはじまりましたね。

文芸同人サークルかもめの合同誌と、嘉村詩穂個人の詩集を頒布する予定でいます。

はじめてのサークル参加ということで右も左もわからないのですが、どうぞよろしくお願いします。

【レポ】かもめのお茶会#5

文学を志す人間にとってはあこがれの場所・山の上ホテルのコーヒーパーラーヒルトップで第五回かもめのお茶会を催しました。

f:id:evie-11:20171107113314j:plain

毎回主宰の私が偏った趣味で選んだカフェにメンバーを連れ回していますが、今回も落ち着いた雰囲気のカフェで文学トークができて、たいへん楽しかったです。

メンバーの御影あやさんが詩歌や俳句についてお話したいということだったので、柳川竹雀氏とふたりでおすすめの短歌や俳句をあれこれレクチャーさせていただきました。

 

竹雀氏のおすすめは横山未来子さん。透明感のある清冽な歌が特徴的な歌人です。実は以前彼から横山さんの歌集『水をひらく手』を贈ってもらったのですが、途中までしか読んでいなかった記憶が。これを機にちゃんと読破したいところ。

 

水をひらく手―歌集

水をひらく手―歌集

 

 

 

私からのおすすめは、以前かもめソングに載せたエッセイにも書いた三橋鷹女と、前にフォロワーさんからおすすめいただいた藤原月彦。

 

橋本多佳子 三橋鷹女集 (朝日文庫―現代俳句の世界)

橋本多佳子 三橋鷹女集 (朝日文庫―現代俳句の世界)

 

 

それからその場ではうっかり忘れてしまっていましたが、塚本邦雄や葛原妙子、松野志保などもおすすめしたいところです。

 塚本邦雄は神保町に行けば署名本がよりどりみどりですが、藤原月彦や松野志保はあまり見かけないので、古書店サイトなどを活用していただきたいところです。

そういえば、塚本邦雄は文庫で全集が発売されたのでしたね。

葛原妙子 (鑑賞・現代短歌)

葛原妙子 (鑑賞・現代短歌)

 

 

 

塚本邦雄全歌集 第8巻―文庫版

塚本邦雄全歌集 第8巻―文庫版

 

 

 

また俳句について、竹雀氏から読後の「だから何?」という感覚を大事にしたいという創作スタンスの話が聞けたり、一瞬の風景を切り取るカメラ装置としての俳句の役割について語り合えたことも得るものが多かったと思います。

私自身に関して云えば、最近は俳句をお休みがちなので、この機に乗じてもっと俳句を味わい、勉強して、耽美派俳人としてさらに磨きをかけていきたいところです。

 

さてその後は神保町古本まつりに移動して、今回の参加メンバー三人であれこれと物色してきました。

私が購入したのはこちら。

f:id:evie-11:20171107113658j:plain

前回行ったときには文芸書が中心だったので、今回は創作の資料を中心に買いました。ブクログの学術書棚に以前登録していた『中国神話伝説集』もお迎えできましたし、Twitterで見て気になっていた『有職の文様』も手に入ったので、なかなか充実した釣果となりました。

ちなみにブクログの学術書棚はこちら。

booklog.jp

まだまだ未読本・積読本が多いのがお恥ずかしいですが、蔵書管理にはうってつけなので、蔵書と図書館から借りた本を登録しています。

こうしてみると自分の興味の範囲は何年経ってもぶれないものだなぁと感じます。

大学を出ると、なかなか学術書をじっくり読む機会がないので、今回買った本などを中心に少しずつでも読んでいきたいです。

アウトプットをするといい、という話をそこかしこで聞くので、こちらのブログを活用するのも手かもしれません。

いつも告知が多めになってしまうので、ブログの内容をより充実させていきたいと思います。

【読書メモ】神保町古本まつりに行ってきました。

毎年恒例、神保町古本まつりに今年も行ってきました。

f:id:evie-11:20171029150250j:plain

雨ということもあって、青空市は中止だったのですが、一誠堂書店で日本詩人全集が一冊100円のお値打ち価格で店頭に並べられていたので、以前から欲しかった日夏耿之介の詩が入った巻と、寝る前に読みたい高村光太郎の巻、そして気になっていた北原白秋の巻を買いました。

高村光太郎北原白秋に関しては、文アルの影響がないとも云えないのですが、高村光太郎の詩は昨年末からずっと追いかけてきたので、やはりここは買うしかないだろうということで。

f:id:evie-11:20171029150331j:plain

白秋の詩は彼からプレゼントしてもらった『思ひ出』を途中まで読んで放っているので、まずはそちらから読みたいです。

 

 

続いて澤口書店へ。

こちらは1000円以上お買い上げで20%OFFセールを開催中だったので、つい買いすぎていまいました。

谷崎潤一郎の「武州公秘話」は、今年日本近代文学館で催された谷崎潤一郎展ではじめて知ってからというものの、ずっと読みたかった作品なので、手に入れられてよかったです。

同じく『美食倶楽部』も谷崎ならまず外さないだろうということで購入。

薄田泣菫近代文学の詩歌の授業で名前を知って惹かれていたので、今回ご縁があってうれしかったですし、ダンセイニの『妖精族のむすめ』はTwitterのTLでつねづね名前は聞いていたので、前から読んでみたかった作家のひとりだったのでした。

それから平凡社ライブラリーの『英詩の歓び』はなんと西洋絵画の挿絵付きで、一粒で二度美味しい仕様になっているのに惹かれてお迎えしました。

蓋を開けてみれば詩歌だらけのラインナップになってしまいましたが、詩集はいくらあっても困らないので、たくさんお迎えできて満足です。

 

 

 

f:id:evie-11:20171029150429j:plain

そして同行していた彼の選んだ本はこちら。やっぱり中国文学関連の書籍が多いんですね。さすがだなあと思っていまいました。

 

神保町の欧風カレーのお店・ボンディで戦利品を眺めながらカレーをいただいたのですが、彼にあれこれと朗読してもらって楽しいひとときになりました。

f:id:evie-11:20171029150452j:plain

興味深かったのは増田渉『中国の八大小説』。彼が「お受験小説」だという『儒林外史』を朗読してもらったのですが、抱腹絶倒な内容で面白かったです。

 

中国古典文学大系 (43) 儒林外史

中国古典文学大系 (43) 儒林外史

 

 ちなみに『儒林外史』はこちらの本で読めるようです。

 

中国の小説というと、やはり『紅楼夢』や『西遊記』が浮かびますが、私はいずれもまだ未読の身でして……。

これまで読んだ中では岩波文庫の『遊仙窟』や『唐宋伝奇集』が面白かったです。やはり怪異譚に惹きつけられてしまうのが私のサガなのでしょう。平凡社ライブラリー版の『閲微草堂筆記』は上巻を途中まで読んで放置していたので、読書の合間合間に読めればいいかなと。漢籍の世界は奥深いですね。

 

 

遊仙窟 (岩波文庫)

遊仙窟 (岩波文庫)

 
唐宋伝奇集〈上〉南柯の一夢 他11篇 (岩波文庫)

唐宋伝奇集〈上〉南柯の一夢 他11篇 (岩波文庫)

 

 

 

唐宋伝奇集〈下〉杜子春他39篇 (岩波文庫)

唐宋伝奇集〈下〉杜子春他39篇 (岩波文庫)

 

 

 

中国怪異譚 閲微草堂筆記〈上〉 (平凡社ライブラリー)

中国怪異譚 閲微草堂筆記〈上〉 (平凡社ライブラリー)

 

 

 

中国怪異譚閲微草堂筆記 下 (2) (平凡社ライブラリー き 9-2)

中国怪異譚閲微草堂筆記 下 (2) (平凡社ライブラリー き 9-2)

 

 ちなみに中国の古典小説について調べていたら、明治書院からこんな全集が出ている見たいです。

明治書院といえば何と云っても新釈漢文大系ですが、こちらも充実していそうですね。

www.meijishoin.co.jp

 

こちらのリストにも載っている「世説新語」は気になる人物(陸機・陸雲・左思・張華・潘岳あたりの詩人中心)のものもを拾い読みした程度なので、(それもだいぶ前のことで記憶があいまいですが)機会があればじっくり読んでみたいところ。

 

世説新語 上 新釈漢文大系 (76)

世説新語 上 新釈漢文大系 (76)

 

 

 

世説新語 下 新釈漢文大系 (78)

世説新語 下 新釈漢文大系 (78)

 

 

【文アル】文アルイベおつかれさまでした&各種内装お披露目

文アルイベおつかれさまでした。

前回に引き続き、今回もなんとか完走できました。

推しは特にいなかったのですが、乱歩さんの衣装を入手しておけば、谷崎の衣装が新たに来ても釣り合いが取れて大丈夫だろうということで参加しました。

 

f:id:evie-11:20171029173338j:plain

f:id:evie-11:20171029173353j:plain

 

f:id:evie-11:20171029173407j:plain

三人の衣装の中でも特に気に入ったのは、やっぱり中也の衣装。

不思議の国のアリスの帽子屋オマージュですね。

同作のキャラの中でも割とお気に入りのうちの一人なので、こうして手に入れられてよかったです。

 

f:id:evie-11:20171029173942j:plain

f:id:evie-11:20171029174005j:plain

乱歩の豹変っぷりには思わず笑ってしまいましたが。

あなたいつもは青でしょう、と。

 

f:id:evie-11:20171029174120j:plain

そしてイベ報酬の不思議なキャビネットもなんとか奪取しました。

カフェイベントの時にカフェテーブルまでたどり着けなかったので、一緒に飾れないのが残念ですが、今後のイベントでもっとかわいらしい内装に近づけられたらいいなと思います。

 

そうそう、それから、今回初めて召装にチャレンジしました。

姫さんのカソック衣装がどうしても欲しくて……。

姫さんこと国木田独歩カトリックに傾倒しようとしていた時期があったので、あながちまったく史実を無視してるわけでもないんですよね。

運営さんの文豪愛を感じたのと、カソックが大好きなので手に入れたくなったのでした。

なにより口元にロザリオを当ててる姿がかわいくてかわいくて……。

 

 

f:id:evie-11:20171029174614j:plain

 

ガチャということでひやひやしてたのですが、十連ガチャに二度チャレンジしたところ、藤村の衣装と姫さんのカソック衣装、それから花袋くんの装像も手に入ったので安心しました。

 

f:id:evie-11:20171029174600j:plain

藤村は魔法使い風の衣装ですね。

ダウナー系のキャラと魔法使い風衣装というと、どうしても長門有希を思い出してしまうんですが、藤村にも良くお似合いでかわいらしいです。

 

秋の内装も無事完成ということで、次は冬の内装が来るかなとわくわくしています。

昨年はマントルピースを逃してしまったので、今から金貨の貯金に励みたいです。

 

ちなみに長らくの懸念事項だったアンティークの壁掛け時計を手に入れたので、これでようやくアンティークの内装が完成しました。

f:id:evie-11:20171029175530j:plain

 

和室にもなじみます。

f:id:evie-11:20171029175609j:plain

 

次はアンティーク家具みたいに使い回しの効く洋室の家具か、雰囲気の良い和室の家具が欲しいところです。

ロココ内装はまだしばらく先になるかもしれません……。

道のりはまだまだ遠いですね。

文アルイベおつかれさまでした

今回もなんとかイベント完走できました。

余裕派はこれまで育ててなかったので回想は回収できませんでしたが、衣装は揃えられたのでよかったです。

 

f:id:evie-11:20170915212107j:plain

f:id:evie-11:20170915212131j:plain

 

f:id:evie-11:20170915212145j:plain

 

個人的に一番ツボだったのは、やっぱり漱石先生。

留学経験があるだけあって、英国紳士風な衣装がよくお似合いです。

モノクルもさまになっているし、ハットも素敵だし……とほれぼれしていたら、「妥協しない選択が一番ですよ。自分の事を棚に上げず、未来の君のために一言するのです」という台詞を聞いてしまって、思わず泣きそうになりました。

鈴木三重吉宛書簡を読んで以来、漱石先生を師と仰いでいるんですが、ゲームとはいえ漱石先生が語りかけてくれるというのはやっぱりすごいことだなぁと思ってしまいます。

夏目漱石 鈴木三重吉宛書簡―明治三十九年

今年の夏は漱石先生のご本を読むつもりでいたのに、すっかり明後日な方向へ行ってしまって、自分の計画性のなさを実感しました。

今のところ『門』と『こころ』を読んでいるので、せめて前期三部作のうちの『三四郎』と『それから』は読みたいのですが。

 

 

f:id:evie-11:20170915213041j:plain

 

そして本日坪内逍遙が来てくれました。

かわいらしい外見なので、初めて見たときは女の子かな……? という印象だったのですが、ボイスを聞いてみると、どちらかというとおばあちゃんなような……。

 

f:id:evie-11:20170915213203j:plain

 

鏡花ちゃんとのやりとりがかわいすぎて、女子か……。と思ってしまいました。

羊がお好きなんですね。

 

f:id:evie-11:20170915213335j:plain

 

弊図書館の司書室にお招きしたものの、アンティーク内装がいまいちぴったり来なかったので、夏の和洋折衷スタイルに落ち着きました。レトロな雰囲気がよくお似合いです。

和室の内装もちゃんと揃えてあげたいのですが、散策で散財中なのと、秋の内装に備えて貯金をしておきたくて、ついつい後手に回ってしまいます。

秋の内装といえば、待ちに待った金貨イベがやってくるので、今から楽しみです。

【活動報告】Twitter300字SSと詩

長らく間が空いてしまいましたが、この間もろもろ更新しましたのでお知らせします。

 

■Twitter300字SS

◇偲香抄

第三十六回 お題「雲」

 

おかげさまでこちらにうれしいご感想をいただきました。

 

たくさんの方に読んでいただけてうれしいやらありがたいやらです。

今後も参加していきたいので、お見かけの際はどうぞよろしくお願いします。

 

 

◇たましいのふるさと

第三十五回 お題「休」

 

夜寝る前にだけ目の前に現れる、娼婦のような、旅館の女将のような存在っていいなぁと思うのです。(あくまでも架空の存在として)

地獄太夫といえば河鍋暁斎、そして九相図といえば松井冬子の絵が深く印象に残っていて、今回このような形でモチーフをお借りしました。

 

 

■かもめソング

◇或調香師

こちらも告知が遅れました。

先月は西洋風なイメージで書きました。

おかげさまでご反応いただけていたようでうれしいです。

http://kamomesong.tumblr.com/post/163825445747/或調香師

kamomesong.tumblr.com

 

この美術館のイメージは、去年訪ねた長野は安曇野ジャンセン美術館からいただきました。

www.musee-de-jansem.jp安曇野の美しい景色のなかにひっそりと建つ小さな美術館はとてもロマンティックで、愁いを帯びたジャンセンの絵とあいまって記憶に深く残っています。

 

 

 

月姫

こちらは打って変わって中華風かぐや姫を意識して書きました。

http://kamomesong.tumblr.com/post/164891684713/月姫

kamomesong.tumblr.co

秋扇(寵愛を失った女性)のイメージは、中国の六朝の艶詩のオマージュです。

『玉台新詠』は特に好きな漢詩集です。

「連理比翼」はもちろん白居易の「長恨歌」からいただきまました。

 

玉台新詠集 上 (岩波文庫 赤 10-1)

玉台新詠集 上 (岩波文庫 赤 10-1)

 

 

 

玉台新詠集 中 (岩波文庫 赤 10-2)

玉台新詠集 中 (岩波文庫 赤 10-2)

 

 

 

玉台新詠集 下 (岩波文庫 赤 10-3)

玉台新詠集 下 (岩波文庫 赤 10-3)

 

 

 

白楽天詩選 (上) (岩波文庫)

白楽天詩選 (上) (岩波文庫)

 

 

 

白楽天詩選(下) (岩波文庫)

白楽天詩選(下) (岩波文庫)