読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【活動報告】俳句と詩、読書会

個人たんぶらの方に俳句と詩を載せています。

 

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/160690412238/紫幻想

star-bellflower06.tumblr.com

俳句ははじめてから一年ぐらい経つのですが、まだまだ勉強不足が否めないので、フォロワーさんに教えていただいた本で少しずつでも勉強していきたいです。

句会にも入ろうかと考えていた時期があったのですが、人見知りな性格なもので、なかなか手も足も出ず……。

そもそも自分の詠んでいる俳句の傾向が俳味からはほど遠いところにあるので、句会などに入っていいものかどうかと悩んでいます。

 

 

そして久しぶりに詩を書きました。

いにしえの中国へのあこがれを形にしたのですが、明確に時代を意識しているわけではないので香水も出てきます。

水晶は中国のとある逸話の象徴になっています。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/160982368217/胡蝶

star-bellflower06.tumblr.com

 

■読書会

彼と実父と、神保町の神田白十字にて読書会をしてきました。

テキストは森鴎外「百物語」と「山椒大夫」。

 

「百物語」は彼たっての希望でして、「百物語」を催すことになったにも関わらず、結局執り行わないまま離散するというお話でして、この小説に登場する飾磨屋の連れの女がなんとも印象的でした。谷崎の『蓼食う虫』に登場する「人形のような女」として描かれるお久に重なった、と感想をもらすと、彼もまったく同意見だったようで、なんだかうれしくなりました。

主人公の傍観者としての視点は、どこかで読んだことがあるような気がして、ふと村上春樹に通じるものを感じたのですが、近代的自我のあやうさと現代人の自意識が一瞬重なった気がして面白かったです。

 

山椒大夫」の方は、私は仏教説話の一変形として読みましたが、父と彼は前近代のモラルについて語ってくれて、女子どもだけの旅道中では、いつ人さらいに遭っても殺されてもおかしくはないし、山椒大夫を完全な悪者としては描いていないという指摘を与えてくれました。

また彼が「前近代においては人を救えるのは人ではなく、仏や神だけだった」と説いていたのも面白かったです。近代以後に生きている私たちは、仏や神にすがるとはいっても、病気などで苦しんでいたり、自分ではどうしようもないことで悩んでいたりする場合が多いですが、近代以前ではより生と結びついた、切実な問題であったのだとあらためて感じました。

 

冗談交じりに自らを「読書会屋さん」と呼ぶ彼のリードもあって、読書会はスムーズに進みました。父も今回の読書会が楽しかったようで、次回は秋頃に催す予定です。

テキストはまだ未定ですが、志賀直哉がいいかなと話しています。

 

読書会のあとは父と別れて、彼と神保町の古書店めぐりをしました。

引っ越しを控えているので、あまり本を増やせない状況なのですが、澤口書店で『晩翠詩抄』と『犀星王朝小品』を買ってしまいました。

f:id:evie-11:20170524151417j:plain

ちょうど王朝ものが読みたかったこともあって、犀星の本を見かけたときには驚きのあまり「なんということでしょう……!」と口走ってしまいました。

隣で彼が「俺、この本持ってるよ」とさらっと云ったので、ふいにときめいてしまいました。彼と神保町を歩いていると、こういうことがままあります。

 

晩翠の詩集の方は、大学の講義で晩翠の詩を読んだ記憶があったのと、詩集はとりあえず手元に置いておきたい人間なので手に取ったのですが、開いてみると文語調の格調高い文体なので、二三軒古書店をはしごして買いました。

 

最近では昔に比べて海外文学も読むようになってきましたが、やはりしっくりくるのは近代文学だなぁと感じます。まだまだ読んだことのない作品は数多いので、これからもたくさん読んでいきたいです。

最後に我らの聖地・東方書店に寄って目の毒に当てられたあと、上海庭で中華をいただきつつ、よしなしごとを語り合いました。

文アルイベおつかれさまでした

今回も相変わらずのゆるゆるペースでしたが、運営さんが実質ログイン報酬の歯車を用意してくださっていたので、ずいぶんと楽に進められました。(それでもなお完走ならず)

とりあえず直くんと初期文豪・重治の正装が手に入ったので満足です。

 

f:id:evie-11:20170507101436j:plain

 

f:id:evie-11:20170507101450j:plain

 

 

それから中島敦の誕生日ケーキも回収しました。

 

f:id:evie-11:20170507101526j:plain

 

文豪の誕生日にかぎってプレイを怠ることが多かったので、彼の第二衣装が気になる私としては、なんとしてでも回収せねばと思っていたのでした。

 

 

そしてそして、南吉くんのゴシック衣装が実装されると耳にしたので、今から楽しみです。

南吉くんは第二会派の銃として活躍中で、かわいらしいのにちょっとSな発言が魅力的だなあと思います。

 

近日発売予定のサントラの方もぜひ手元に欲しいものですね。

ピアノの内装がもらえるということで、アンティークの部屋に置いて愛でたいところ。

 

グッズの方はだいぶ数が出てきましたが、光太郎さんのものがなかなか出ないので、待ち遠しく思っています。

アクリルフィギュアでもいいから出ないかしら……。

谷崎のおしろいも気になっているのですが、なんせトレーディングタイプのグッズが苦手なので、見送る予定です。

【活動報告】エッセイと俳句

■かもめソング

久しぶりにエッセイを書きました。

 

エッセイというのはどうにも不得手で、いつも説教くさくなってしまうのであまり書かないのですが、図書館について近ごろ感じたことを書き留めておきたいと思って文章にしてみました。

Twitterでなにかと話題に上ることの多い図書館ですが、私にとってはアジールのひとつです。

http://kamomesong.tumblr.com/post/160365316315/図書館という希望

kamomesong.tumblr.com

 

 

 

■紫水宮

母がディズニー映画にドハマりしているさなかに、自室で俳句をひねっていました。

今回は「仏教と耽美」がテーマです。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/160223988199/地獄にて

star-bellflower06.tumblr.com

 

 

 

■鎌倉旅行

インスタに何枚か写真を載せています。

中でもお気に入りの一枚はこちら。

 

https://www.instagram.com/p/BTtEW0jhzZD/

浄智寺#temple #浄智寺 #鎌倉 #darkandlight #和 #beautiful #kamakura #寺 #cool

 

こういう雰囲気やストーリー性のある写真をもっと撮っていきたいなと思っています。

機材は今のところiPhoneですが。

彼が音楽活動をはじめたこともあり、動画の静止画に使う写真を提供してほしいと云われたので、音楽にふさわしい写真もたくさん撮りたいです。

もちろん自分の創作にも生かしていけるといいなと考えています。

姫さん衣装解放

文アルのイベントがはじまりましたね。

相変わらずのゆるゆる進行なので、ひとまず初期文豪の重治の正装を手に入れることを目標にがんばりたいと思います。

 

そして念願のアンティークの内装がほぼ完成しました。

ちょっと窓だけ浮いてしまっているので、ステンドグラスの窓も揃えたいところ。

やっぱりランプが点くだけあって、夜の方が雰囲気出ますね。

装飾にもちょっとこだわりがあって、光太郎さんみたいなやわらかい雰囲気のキャラには春の装飾を、谷崎のように妖艶なキャラには鏡をしつらえています。

 

f:id:evie-11:20170428202324j:plain

 

f:id:evie-11:20170428202339j:plain

 

そしてそして、ようやく姫さんの衣装を解放しました。

前回のように以下衣装バレなので、未解放の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:evie-11:20170428202957j:plain

大学の卒業式かな??

というかわいらしい袴姿で、足元がブーツなのもポイント高いですよね。

袖にタッセルがついてたり、裏地がピンクだったり……女子力高い感じに仕上がっていて、ほんとうにもう姫さんだなあと……。

(姫さん呼びの由来は別にあるんですが)

 

さてさて、次の衣装解放は誰にしようか迷ってしまいますが、ここに来て中島敦の衣装バレを見てしまったのが運の尽き、チャイナ風の衣装だと聞いてはいたのですが、好みど真ん中でした。

彼の第二衣装とロココ内装でシノワズリが完成するのではともくろんでいます。

まだほとんど育てていないのですが、じっくり愛情をかけて開花を進めていきたいです。

【お知らせ】今後参加する二つのアンソロジーについて

私が短編小説「阿修羅」を寄稿した、唐橋史さん主宰の19世紀アンソロジー『bitter 19 blues』の頒布が、諸事情により延期になるそうです。

7/9に催される第二回文学フリマ札幌にて頒布予定だそうなので、お間違えのないようよろしくお願いします。

 

f-fumikura.jugem.jp

 

私としても5月の文フリ東京に参加して、自分の目で実物を確認したかったので、少々残念なところなのですが……。

7月のお届けを今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

そして、うさうららさん主宰の手製本アンソロジー「べんぜんかん」に寄稿することが決まりました!

▽詳細はこちらから

twitter.com

六角形をモチーフにした掌編が連なるアンソロジーで、Twitterでお世話になっている方々とご一緒できてしあわせです。

作品はこれからじっくり書く予定ですが、1000字程度の掌編を書いたことがあまりないので、習作を一編書きました。

 

嘉村詩穂(雨伽詩音)「舞人」

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/159785191813/舞人

star-bellflower06.tumblr.com

 舞踊の神の性別は特に決めないまま書きました。観音菩薩みたいなイメージで。

 

今回寄稿するテーマは「亀甲」で考えていますが、今後自分の作品も含め、どういう仕上がりになるのか今から楽しみです。

光太郎さん衣装解放

有島チャレンジ、失敗しました。

安吾に引き続き二度目の失敗とあって、微課金勢としては少々つらいです。

芥川の潜書台詞にときめいたので、ぜひ手元に欲しかったところなのですが。

 

それはさておき、春の内装をあれこれいじっていました。

アンティークの天井を買ったものの、これだけだと天井だけ色が重たくなって不格好だったので、床も購入。

壁はあえてそのままで抜け感を出したつもりです。アンティークの壁は全体的に暗めになってしまうので。(一応追加で買って試してみるつもりではいる)

近々ロココ調の内装が実装されるそうなので、そちらも今から楽しみです。

 

さてこの内装、谷崎を助手にしてみると、妖しいお店の女主人感が出てすごくいいです。

f:id:evie-11:20170419110339j:plain

 

そして谷崎といえば、谷崎・荷風・乱歩・白秋で白銀部隊を組んでいるんですが、乱歩の耗弱状態のまあ色っぽいこと。

f:id:evie-11:20170419111523j:plain

谷崎と乱歩は某トラウマテクノバンドっぽいなと勝手に思っているので、前々から気になっていたふたりだったんですが、この乱歩には本当にやられました。

白銀部隊は文アルキャラの中でもヒール揃いなので、特に気に入っています。

 

そしてそして、ようやく光太郎さんの衣装マスを解放しました。

はじめての衣装解放は光太郎さんにすると決めていたので、だいぶ時間がかかってしまいましたが、お着物姿を見られてほんとうにうれしいです。

以下、衣装バレなのでご注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:evie-11:20170419111112j:plain

見慣れるまでにだいぶかかりましたが、これはこれでかわいらしいなと。

ゆったりしたスタイルなので、ウエストラインがくっきり出ている洋装の方が好みなのですが、チョーカーがちょっと色っぽくてよいです。

 

次の衣装解放は姫さんにしようと思っています。

こちらはすでにバレを見てしまったので、春の内装に合うなあと楽しみにしています。

文アルイベおつかれさまでした

学園イベは相変わらず推しの制服を回収するだけのイベになっていて、今回は姫さんだけで手一杯でした。

イベ回想で姫さんが紅葉先生と露伴先生に罵られてたのがかわいそかわいかったです。

 

f:id:evie-11:20170407133046j:plain

f:id:evie-11:20170407133105j:plain

 

f:id:evie-11:20170407133137j:plain

 

もともと「姫さん」というニックネームの由来はあさのあつこ『バッテリー』の原田巧から来てるので、不良生徒なところもぴったりだなあときゅんとしてしまいます。

 

そして制服を回収して司書室に戻ってみると……春の内装と似合っていてかわいすぎかな?? となってしまいました。

f:id:evie-11:20170407133224j:plain

うち図書館の春の内装は、冬の内装の窓と装飾を変えただけの作りなので、もうちょっと天井とかいじってみたいなとも思いつつ、春らしく白をベースにしたいということでこんな感じになりました。

 

助手を変えたり、装飾品を変えたりして遊んでいたんですが、夜のベスト賞はこちらの谷崎に贈りたいです。

f:id:evie-11:20170407133312j:plain

臈長けた貴婦人のようなたたずまいで心底惚れました。

文アルをはじめるきっかけは谷崎の外見だったのですが、声がちょっと苦手で敬遠していたキャラだったんです。

それでもこの内装との組み合わせを見て惚れ直しました。

(この画像、PCのデスクトップの壁紙にも使ってます)

今はがんばって彼を育成しているところです。

 

昼は打って変わってかわいらしい雰囲気になるので、昼のベスト賞は鏡花ちゃんがふさわしいかなと。

f:id:evie-11:20170407133517j:plain

そもそもアンティーク調の部屋にしようと思ったのは「助手が洋装でも和装でもさまになるから」という理由だったので、こうして和装姿のかわいくてうつくしい助手たちを愛でられてしあわせです♡

 

春の内装にはだいぶ満足したので、今度はアンティークの内装をコンプリートしようと金貨を貯めているところです。