広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

【活動報告】詩と俳句、千字掌編

■お知らせ
詩集『挽歌-elegy-』は、残部が少なくなってきたこともあり、また増刷の予定はないため、いったんここで通販を締め切ることにしました。
また来年5月の文フリ東京にて頒布する予定です。
出店が確定しましたら、また追ってお知らせいたします。
 
以下、いつもの活動報告です。
 
■俳句
相変わらずこの夏は臥せることが多く、おかげで普段より多くの俳句を詠みました。
今回詠んだ作品たちは自分の内面性と空想をふくらませた世界とをコラージュしたもので、これまでの作風とは少し異なる雰囲気になったかなと思います。
まだまだ模索中ですが、こういう手法をもっと磨いていきたいです。
http://star-bellflower06.tumblr.com/post/176730109012/逝夏

star-bellflower06.tumblr.com

 

■詩
旧暦の七夕に寄せて書きました。
そういう日ではないはずなのに、心に去来するのは亡くなった「あなた」の思い出です。ほのかに宮沢賢治リスペクトです。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/177091353867/あなたへ

star-bellflower06.tumblr.com

 

■千字掌編
パセリ流星群に千字ほどの掌編を寄稿いたしました。
谷崎潤一郎「刺青」にインスパイアされた架空の文士のお話です。
お読みになった方に“都々逸よろしく小気味良い文体”とご感想をいただきましたが、元々泉鏡花の影響もあって、こうしたリズミカルな文体が好きなので、書いていて大変楽しかったです。当時の雰囲気が伝わればいいなと思います。

parsleymeteor.hateblo.jp

【活動報告】俳句・詩・SS

■俳句
この夏はすこぶる体調が悪く、寝込む日が続いたので俳句を詠みました。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/176295579102/午睡の夢-寝乱れて琅玕宮へ赴けり-寝乱れて臥遊に耽る盛夏かな-寝乱れて古歌を歌へる日暮れかな

star-bellflower06.tumblr.com


これまで自分のことを俳句に詠むということはあまりしてこなかったのですが、病で臥せっている自分というものを客体化してみるとなかなか面白くて、自分の中にある世界や思い出の断片とともに重ねてコラージュしてみました。まだ試行錯誤の段階ですが、たまにはまたこういう作品を詠んでみたいです。

 

■かもめソング

http://kamomesong.tumblr.com/post/176619686980/貴方へ

kamomesong.tumblr.com


詩を書きました。こちらもこれまでとは違って自分の実体験を詩に起こしてみたのですが、直接的に自分の内面性を歌った詩というのが好きになれないタイプなので、まだまだ改良の余地はありそうです。こちらもまだまだ実験段階ですね。

 

■SS

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/176620694113/葉月唄

star-bellflower06.tumblr.com


こちらはいつも通りに完全に外の世界を描きました。先月観た市川崑の「悪魔の手鞠唄」のインパクトが強くて、わらべ歌テイストの詩を書くのが楽しいです。竹雀氏には「あやかし万華鏡」もわらべ歌の裏バージョンのような詩、と評してもらいましたが、兄と妹という関係性とわらべ歌の相性はなかなかよいようです。
志方あきこさんの「オトシモノ」にもだいぶ影響を受けています。「をかし」は本当に名盤ですよね。続編となる「あやし」も欲しいのですが、未だにお迎えするに至っていません。

をかし

をかし

 

 

あやし

あやし

 

 

 

さて予告です。


8/11 平成最後の夏をテーマにした詩を「紫水宮」に投稿予定
8/18 「パセリ流星群」に架空の文士を描いた千字掌編を掲載予定


公開され次第、またこちらで告知いたします。

上半期振り返り

今年は引っ越しもあり、また5月の東京文フリにサークルとして初めて出店したこともあり、かなり大きなターニングポイントとなる半年でした。


1月2月は引っ越し準備と『かもめソング』に寄稿した「翠の鳥」の原稿が重なってめまぐるしい忙しさでしたが、なんとか引っ越しを終えて、3月にはメンバーを自宅に招いて『かもめソング』合評会&校正会を催しました。


もともと大学の文芸サークルの同期メンバーたちで立ち上げたサークルなので、大学時代と同じ要領で合評会を進められたのは主宰としても大助かりでした。
5月の頒布に向けて、『かもめソング』の表紙と扉デザインを担当しつつ、自分の詩集『挽歌-elegy-』の方も進めないといけなかったのでそれなりに慌ただしかったです。もっとも詩集の原稿の大半は再録という形を取ったので、さほど苦労はなかったのですが。
版組などはすべて竹雀氏におんぶに抱っこ状態だったので、次回以降は自分でもちょっとでもできるようにがんばります……。お仕事で忙しい中申し訳なかったです。


文フリの戦果は初参加ということで推して知るべしという結果でしたが、身内分がだいぶ捌けて、おかげさまで完売までこぎ着けました。
『かもめソング』は完売しましたが、詩集『挽歌-elegy-』の方はただいまBOOTHにて通販を受け付けております。

star-bellflower.booth.pm

 

試し読みはこちらから。

kakuyomu.jp

 


その後はイベントの疲れもあってか体調を崩し気味で、年に何回もイベントに参加なさっている方々のバイタリティのすごさを実感しました。
委託という形で参加することもできるのでしょうが、直参は年に一度か二度が限度かなぁという感じです。


そして6月に入ってスケザネさんから新サークル・パセリ流星群へのお誘いをいただきました。

parsleymeteor.hateblo.jp


7月15日にサークルが立ち上がって、今のところ詩を寄稿していますが、自分の主宰しているかもめソングと差別化を図りたいので、次回は千字ほどの掌編を載せる予定になっています。その後は連作短編を書けたらなと思っています。
昨日はその顔合わせということで、終始和やかな雰囲気で飲んできました。メンバー全員六人六様に活動をしているので、活動の幅もどんどん広がっていきそうで今後が楽しみです。

 

■今後のイベント参加予定まとめ
2018年11月文フリ東京 酒アンソロに短編を寄稿予定
2019年5月文フリ東京 第二詩集と短編集を頒布予定
2020年5月文フリ東京 パセリ流星群合同誌に短編を寄稿予定

 

今のところはこんなところでしょうか。
テキレボにも参加してみたいという気持ちはあるのですが、今のところ一般参加にとどまっています。
7月の一般参加の折りのレポを書きたいなとも思ったのですが、戦利品の感想をTwitterモーメントにまとめるという形で代用したいと思います。
まだまだ積んでいる本が多いので、少しずつでも拝読していきたいです。

twitter.com

言葉について

先日ヘミングウェイ読書会で、竹雀氏と常磐行人氏と同席したのだが、その際に英語の持つ多義性についての議論になった。

漢文に詳しい竹雀氏は同じグローバルな言語であっても、漢文というのはより厳密に語義を定義し、千年経っても揺らがないところがいいと話していた。しかし私は英語や漢語よりも日本語の曖昧さや言葉の響きに惹かれる。
日本語の美については谷崎潤一郎が『文章読本』の中で言葉を尽くして書いていて、私も非常に影響を受けたので、今更私が云うまでもない。

 

文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

 

 

ただ、日本語の音の響き、これだけは確固とした持論がある。
小説や詩を書くとき、何よりも私が重視するのは音の響きで、たとえば衣なら「きぬ」と読ませたいし、魚なら「うお」と読んでほしい。しかし音に徹底的にこだわり、小説に総ルビを振った鏡花のように私は親切ではないから、そう読みたいと思う人に届けばいいと思っている。「ころも」や「さかな」と読んだところで問題はない。ただ「きぬ」「うお」と読んだ人にだけ自分の文章の魅力が感じられれば、それでいい。

 

そういう読者と著者の間にある暗号として、詩などはあえてルビを振らないこともあるが、さすがに小説を書く場合に初出のときには「きぬ」「うお」とルビを振る。しかしルビというのはいつしか忘れてしまうものでもあるから、はじめこそ「きぬ」「うお」と読んでいても、文章を読み進めるうちに「ころも」「さかな」と読む人もいるかもしれない。それは読者の自由に任せたいと思う。


自分のペンネームにしても「あめとぎしおん」と読むのか「あまとぎしおん」と読むのかは読み手にお任せしている。自分自身両方を渾然一体となって使うことも多い。どちらにせよ「雨伽詩音」という字面は変わらない。心地のいい音を選ぶなら「あまとぎしおん」なのだろうけども。


音の響きにこだわるのは、自分自身が聴覚過敏で耳障りな音を好まないというのが大きいのだろうと思う。私の書く多くの詩は語りの文体で綴られているし、『かもめソング』に寄稿した「翠の鳥」も自分の耳にとって心地よい言葉の配列にならって文章を書いた。常磐氏はそれを「ボイス」と評したが、私のボイスの根底にあるのはこの耳に心地よいか否かという言葉の取捨選択のあり方なのだろうと思う。


他の人の文章を赤入れするときにもその癖は反映されていて、谷崎潤一郎も『文章読本』の中で

文章を綴る場合に、まずその文句を実際に声に出して暗誦し、それがすらすらと云えるかどうかを試してみることが必要であります

と記している。他者の文章を読んでいて、音が滞るところや、無意識のうちに何度も同じ言葉が繰り返される箇所は適宜赤を入れている。語義にこだわるというよりは音にこだわる。そこには文学的な聴覚が勘となってはたらくのだろう。大前提として、もちろん語義に違和感を感じるところには赤を入れるが。

 

実際詩集『挽歌-elegy-』を作る上でも、幾度自分の書いた詩を朗読したか数えきれない。自分にとって至上の音楽を奏でるように言葉を綴るのは、私が文章を書く上でもっとも喜ばしいと感じる瞬間でもある。

star-bellflower.booth.pm


また手製本アンソロジー『べんぜんかん』に寄稿した「霊亀譚」を書いたとき、執筆陣のメンバーの方から「流麗な文体」と褒めていただいたが、私の目指すところはまさに谷崎の云う「流麗な調子」あるいは「源氏物語派の文章」であって、その文体を築き上げるがために小説を書いている節はある。

kakuyomu.jp


もっとも竹雀氏からは文体にこだわるべきではないという旨の指摘を受けたし、小説の核となるものは文体ではないのかもしれないが、私にとって文体とは磨き上げるべきものでもあり、また青天井を見上げるような心地をもたらすものでもある。磨いても磨いてもまだ足りないという飢餓感が私を創作へと駆り立てているのだ。
今後小説を書いていくにあたっても、まず文体を意識せざるを得ないのは変わらないだろうし、変えるつもりもない。

【活動報告】新サークル始動と俳句

ワタナベスケザネさんが主宰する文芸同人サークル「パセリ流星群」に参加させていただくことになりました。


サイトはこちら

parsleymeteor.hateblo.jp

初日からすでにたくさんの方々に御アクセスいただいているようで、喜ばしいかぎりです。

 

簡単な自己紹介はこちら。

parsleymeteor.hateblo.jp


さっそく私も詩を投稿しております。

parsleymeteor.hateblo.jp


ちょうどこの作品を書く直前に、市川崑監督作品「悪魔の手鞠唄」を観たばかりだったので、オマージュとして書きました。

 

悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]
 

 また初回ということもあり、自分の中のスタンダードとしてこの作品を載せるに至ったということもあります。
同時並行で「あやかし万華鏡」も書いていたのですが、そちらは前述のようにかもめソングに載せました。
次回はパセリ流星群の方には千字掌編を載せる予定でおります。

かもめにしても、パセリ流星群にしても、皆さん創作へのモチベーションが高いので、非常にいい刺激をいただいております。

 

それと夏風邪を引いてしまって一日臥せっていたので、体調が悪いとき恒例の俳句を詠みました。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/175875572237/夏床-人形を幾多も倒して臥せるかな-人形で埋もれし床でひとりきり-わらべ歌童女ならざる姉歌ひ

star-bellflower06.tumblr.com


いずれは句集としてまとめたい気持ちもありますが、なにせ素人の手遊びで片手間にやっているので、もっと勉強をせねばと思いつつ、小説の原稿を抱えたりしていてなかなかままなりませんね……。
おかげさまで評価をいただいておりますが、自分の中ではまだまだ未完成だなと感じることが多いです。
一朝一夕にどうにかなるものでもないので、地道にがんばります。

【活動報告】Twitter300字SS、詩と短歌

■織女

第四十四回Twitter300字SSに参加させていただきました。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/175638750073/織女

star-bellflower06.tumblr.com


織女とは織姫のことで、漢詩には牽牛織女とセットで出てくることが多いです。特に私の愛読している『玉台新詠』は艶詩と呼ばれる恋愛を詠んだ詩が多いため、ちょくちょく出てきます。

玉台新詠集 上 (岩波文庫 赤 10-1)

玉台新詠集 上 (岩波文庫 赤 10-1)

 

擬迢迢迢牽牛星 陸機
昭昭天漢暉 昭昭 天漢輝き
粲粲光天歩 粲粲 天歩光る
牽牛西北回 牽牛 西北より回(めぐ)る
織女東南顧 織女 東南より顧(かへりみ)る
華容一何綺 華容 何ぞ綺なる
揮手如振素 手を揮(ふる)ふ 素を振るが如し
怨彼河無梁 怨む彼の 河(か)に梁なきを
悲此年歳暮 悲しむ 此の年歳暮るるを
跂彼無良縁 跂彼(きひ) 良縁なし
睆焉不得度 睆焉(くわんえん)度(わた)るを得ず
引領望大川 領(れい)を引いて 大川(だいせん)を望む
隻涕如霑露 隻涕(さうてい)霑露(せんろ)のごとし

良縁に恵まれず、彦星のような殿方を夢見て川に佇み涙をこぼす女性というロマンティックな詩で、いかにも六朝詩らしい恋情と悲哀を歌った詩ですが、私の書いた「織女」は、永久の契りを交わした織姫が恋多きお姫様だったら、ちょっとふしだらでエロティックだなという発想から生まれました。
投稿日がちょうど七夕だったので、めずらしく時節に合ったものをと思いまして……。
殿方に焦がれる想いは一緒でも、一途でない織姫もそれはそれでありかなと。

 

 

■あやかし万華鏡

http://kamomesong.tumblr.com/post/175637742086/あやかし万華鏡

kamomesong.tumblr.com


こちらはかもめソングに寄稿したものです。
竹雀氏からは「わらべうたの裏バージョンのような話」という評をいただきました。
実は横溝正史とか江戸川乱歩などの描き出す、和風で妖しい物語へのオマージュとして書いたんですが、おかげさまで評価をいただけたようでうれしいです。
物語に出てくる万華鏡は、現代で見かけるようなクリエイターさんが作った豪華絢爛なものではなくて、お土産屋さんにおいてあるような和柄の布で巻いた安っぽい品のイメージです。
女子供が喜ぶものを収集する美青年、という倒錯的なフェティシズムをこめたつもりです。

 

■短歌

うさうららさん主宰の短歌ハッシュに参加させていただいております。

 

ちょうどとうらぶで千代金丸が実装されたこともあり、また美の壷芭蕉布の回で沖縄が気になって本を読んでいたところだったので、沖縄をイメージして詠みました。

読んでいた本というのはこちらです。

沖縄の歴史と文化 (中公新書)

沖縄の歴史と文化 (中公新書)

 

 たいへん密度の濃い一冊で、東アジアや東南アジアからの影響を受けながら醸成されてきた沖縄の文化に魅了されるとともに、時折挿入される沖縄の民謡の響きに癒しを感じましたが、謝花昇に象徴される、近代以降の沖縄の悲劇に胸が痛みました。沖縄本島だけでなく、宮古島八重山の歴史にも触れられていて、その豊かさに驚きました。また創世神話のくだりは記紀神話を専攻した身としては大変興味深く、やはり折口信夫を読まねば、という思いを新たにしました。

こうして文芸書以外の本を読むのは久しぶりのことだったので、もっともっと勉強せねばなぁと思いつつ、積読本が増える一方です……精進します。

【活動報告】SSと俳句

◇SS
蓮花の寺

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/174271515177/蓮花の寺

star-bellflower06.tumblr.com

 

 

先日彼とチャイニーズ・ゴースト・ストーリーという映画を観て、その世界観に大いに魅了されて書いたのでした。

 

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー〈日本語吹替収録版〉 [DVD]

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー〈日本語吹替収録版〉 [DVD]

 

 ジョイ・ウォン演じるシウシンという美女の幽霊が本当に美しくて美しくて。

水上亭で古琴を奏でる姿だけで白米3杯ぐらいいけちゃいそうなぐらい惚れてしまいました。

原作は聊斎志異とのことで、こちらもぜひ読んでみたいです。

 

聊斎志異〈上〉 (岩波文庫)

聊斎志異〈上〉 (岩波文庫)

 

 

 

聊斎志異〈下〉 (岩波文庫)

聊斎志異〈下〉 (岩波文庫)

 

 

 

ちなみにこの「蓮花の寺」は先日ブログでもお知らせした、第四十三回Twitter300字SSで書こうと思って書いていたのですが、字数を大幅に超えてしまったため、別途TumblrにUPしたのでした。

evie-11.hatenablog.com

 

ちなみにカクヨムにも歴代のTwitter300字SSを収めています。ぜひご覧ください。

kakuyomu.jp

 

 

◇俳句

f:id:evie-11:20180615172903j:plain

f:id:evie-11:20180615172919j:plain

f:id:evie-11:20180615172937j:plain

f:id:evie-11:20180615172952j:plain

原稿合宿なるものにずっと憧れがあったのですが、この日は彼とあじさい園に行った後、駅前のカフェで各々創作に励み、楽しい時間を過ごしました。

彼は詩を書き、私は俳句を詠みながらカフェで過ごすひとときは大変楽しかったです。

 

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/174908832222/水無月の子守唄

star-bellflower06.tumblr.com

 

紫陽花という題で俳句を詠むようにと頼まれて詠んだのがこちらの紫陽花の句で、色々と詠んでみたものの、「雨伽の俳句だと紫陽花ってパンチが弱いから、たぶん曼珠沙華とか薔薇とかの方が向いてるんじゃないか」と彼に評してもらいました。ほんそれな。

 

五月雨の句は昨日寝転びながら詠んだ俳句たちです。低血圧と梅雨の相性が大変よろしくないため、体調を崩しがちな今日この頃なのですが、そういう時ほど俳句を詠むのが捗りますね。

まだまだ勉強不足で、もっともっと改良の余地があるなと思うので、今後とも精進したいです。