読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

姫さん衣装解放

文アルのイベントがはじまりましたね。

相変わらずのゆるゆる進行なので、ひとまず初期文豪の重治の正装を手に入れることを目標にがんばりたいと思います。

 

そして念願のアンティークの内装がほぼ完成しました。

ちょっと窓だけ浮いてしまっているので、ステンドグラスの窓も揃えたいところ。

やっぱりランプが点くだけあって、夜の方が雰囲気出ますね。

装飾にもちょっとこだわりがあって、光太郎さんみたいなやわらかい雰囲気のキャラには春の装飾を、谷崎のように妖艶なキャラには鏡をしつらえています。

 

f:id:evie-11:20170428202324j:plain

 

f:id:evie-11:20170428202339j:plain

 

そしてそして、ようやく姫さんの衣装を解放しました。

前回のように以下衣装バレなので、未解放の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:evie-11:20170428202957j:plain

大学の卒業式かな??

というかわいらしい袴姿で、足元がブーツなのもポイント高いですよね。

袖にタッセルがついてたり、裏地がピンクだったり……女子力高い感じに仕上がっていて、ほんとうにもう姫さんだなあと……。

(姫さん呼びの由来は別にあるんですが)

 

さてさて、次の衣装解放は誰にしようか迷ってしまいますが、ここに来て中島敦の衣装バレを見てしまったのが運の尽き、チャイナ風の衣装だと聞いてはいたのですが、好みど真ん中でした。

彼の第二衣装とロココ内装でシノワズリが完成するのではともくろんでいます。

まだほとんど育てていないのですが、じっくり愛情をかけて開花を進めていきたいです。

【お知らせ】今後参加する二つのアンソロジーについて

私が短編小説「阿修羅」を寄稿した、唐橋史さん主宰の19世紀アンソロジー『bitter 19 blues』の頒布が、諸事情により延期になるそうです。

7/9に催される第二回文学フリマ札幌にて頒布予定だそうなので、お間違えのないようよろしくお願いします。

 

f-fumikura.jugem.jp

 

私としても5月の文フリ東京に参加して、自分の目で実物を確認したかったので、少々残念なところなのですが……。

7月のお届けを今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

そして、うさうららさん主宰の手製本アンソロジー「べんぜんかん」に寄稿することが決まりました!

▽詳細はこちらから

twitter.com

六角形をモチーフにした掌編が連なるアンソロジーで、Twitterでお世話になっている方々とご一緒できてしあわせです。

作品はこれからじっくり書く予定ですが、1000字程度の掌編を書いたことがあまりないので、習作を一編書きました。

 

嘉村詩穂(雨伽詩音)「舞人」

 

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/159785191813/舞人

star-bellflower06.tumblr.com

 舞踊の神の性別は特に決めないまま書きました。観音菩薩みたいなイメージで。

 

今回寄稿するテーマは「亀甲」で考えていますが、今後自分の作品も含め、どういう仕上がりになるのか今から楽しみです。

光太郎さん衣装解放

有島チャレンジ、失敗しました。

安吾に引き続き二度目の失敗とあって、微課金勢としては少々つらいです。

芥川の潜書台詞にときめいたので、ぜひ手元に欲しかったところなのですが。

 

それはさておき、春の内装をあれこれいじっていました。

アンティークの天井を買ったものの、これだけだと天井だけ色が重たくなって不格好だったので、床も購入。

壁はあえてそのままで抜け感を出したつもりです。アンティークの壁は全体的に暗めになってしまうので。(一応追加で買って試してみるつもりではいる)

近々ロココ調の内装が実装されるそうなので、そちらも今から楽しみです。

 

さてこの内装、谷崎を助手にしてみると、妖しいお店の女主人感が出てすごくいいです。

f:id:evie-11:20170419110339j:plain

 

そして谷崎といえば、谷崎・荷風・乱歩・白秋で白銀部隊を組んでいるんですが、乱歩の耗弱状態のまあ色っぽいこと。

f:id:evie-11:20170419111523j:plain

谷崎と乱歩は某トラウマテクノバンドっぽいなと勝手に思っているので、前々から気になっていたふたりだったんですが、この乱歩には本当にやられました。

白銀部隊は文アルキャラの中でもヒール揃いなので、特に気に入っています。

 

そしてそして、ようやく光太郎さんの衣装マスを解放しました。

はじめての衣装解放は光太郎さんにすると決めていたので、だいぶ時間がかかってしまいましたが、お着物姿を見られてほんとうにうれしいです。

以下、衣装バレなのでご注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:evie-11:20170419111112j:plain

見慣れるまでにだいぶかかりましたが、これはこれでかわいらしいなと。

ゆったりしたスタイルなので、ウエストラインがくっきり出ている洋装の方が好みなのですが、チョーカーがちょっと色っぽくてよいです。

 

次の衣装解放は姫さんにしようと思っています。

こちらはすでにバレを見てしまったので、春の内装に合うなあと楽しみにしています。

文アルイベおつかれさまでした

学園イベは相変わらず推しの制服を回収するだけのイベになっていて、今回は姫さんだけで手一杯でした。

イベ回想で姫さんが紅葉先生と露伴先生に罵られてたのがかわいそかわいかったです。

 

f:id:evie-11:20170407133046j:plain

f:id:evie-11:20170407133105j:plain

 

f:id:evie-11:20170407133137j:plain

 

もともと「姫さん」というニックネームの由来はあさのあつこ『バッテリー』の原田巧から来てるので、不良生徒なところもぴったりだなあときゅんとしてしまいます。

 

そして制服を回収して司書室に戻ってみると……春の内装と似合っていてかわいすぎかな?? となってしまいました。

f:id:evie-11:20170407133224j:plain

うち図書館の春の内装は、冬の内装の窓と装飾を変えただけの作りなので、もうちょっと天井とかいじってみたいなとも思いつつ、春らしく白をベースにしたいということでこんな感じになりました。

 

助手を変えたり、装飾品を変えたりして遊んでいたんですが、夜のベスト賞はこちらの谷崎に贈りたいです。

f:id:evie-11:20170407133312j:plain

臈長けた貴婦人のようなたたずまいで心底惚れました。

文アルをはじめるきっかけは谷崎の外見だったのですが、声がちょっと苦手で敬遠していたキャラだったんです。

それでもこの内装との組み合わせを見て惚れ直しました。

(この画像、PCのデスクトップの壁紙にも使ってます)

今はがんばって彼を育成しているところです。

 

昼は打って変わってかわいらしい雰囲気になるので、昼のベスト賞は鏡花ちゃんがふさわしいかなと。

f:id:evie-11:20170407133517j:plain

そもそもアンティーク調の部屋にしようと思ったのは「助手が洋装でも和装でもさまになるから」という理由だったので、こうして和装姿のかわいくてうつくしい助手たちを愛でられてしあわせです♡

 

春の内装にはだいぶ満足したので、今度はアンティークの内装をコンプリートしようと金貨を貯めているところです。

【お知らせ】19世紀オンリーアンソロジー『bitter 19 blues』に小説を寄稿いたします。

f:id:evie-11:20170404173909j:plain

主宰さまから告知が出ましたので、こちらでもご報告させていただきます。

 

私、嘉村詩穂は19世紀オンリーアンソロジー『bitter 19 blues』短編小説「阿修羅」を寄稿いたします。

名前のとおり、明治時代の神仏分離令下の興福寺を舞台にした歴史小説となっております。

今回、歴史小説をはじめて書いたこともあってなかなかの難産でしたが、こうして無事にお披露目することになり、心からうれしく思っています。

 

『bitter 19 blues』は来月5月の文学フリーマーケット東京にて頒布予定です。

また日が近づきましたら、あらためて告知いたします。

執筆者・作品一覧は主宰さまのブログにてご確認いただけます

f-fumikura.jugem.jp

アンソロジーが無事完成することをお祈りしています。

活動報告 詩とか俳句とか創作BLとか 

 ここ最近、知らず知らずのうちに活動が活発化してきたので、まとめて報告しておきます。

 

■かもめソング

「亜熱帯植物園」という詩を載せました。

近ごろ彼と夢の島植物園に行ったときの印象がベースになっています。

かもめメンバーの御影さんから「雨伽さんの作品はほんとうにわたしのつぼをついていて好き!」と評価してもらえたのがうれしかったです。

http://kamomesong.tumblr.com/post/159070064654/亜熱帯植物園

kamomesong.tumblr.com

 

 

■紫水宮

f:id:evie-11:20170403170653j:plain

桜をお題として俳句を五首載せました。

今年もほんのささやかな花見をしただけでしたが、文学の世界で花見をするのが昨年からのブームになっていて、今年は自分なりに詠んでみたいなと思っていたのでした。

http://star-bellflower06.tumblr.com/post/159139355757/花宴

star-bellflower06.tumblr.com

 

■創作BL詩

実は一時期創作BLに励もうと(思っていた)時期があって、その名残をわずかに引きずったまま今に至るのですが、新たに書き下ろした「冬の子ども」と、未公開作品「ヘンデル、さもなくば死を。」を公開しました。

http://yukinesnow.tumblr.com/post/158145147666/冬の子ども

yukinesnow.tumblr.com

http://yukinesnow.tumblr.com/post/158430078248/ヘンデルさもなくば死を

yukinesnow.tumblr.com

テキレボおつかれさまでした

Text Revolutionにはじめて一般参加してきました。

昨日あまり眠れなかったこともあり、またおくすりの調整がうまくいかなくて脳内稼働率2%レベルの眠さを持てあましつつ会場へ行きました。

会場について別のイベントに行ってしまい、はっと気づいてなんとかテキレボへ。

以前文フリでも同じ事をやらかしたので、これで二度目です。

会場はなごやかな雰囲気で居心地がよく、見本品が一カ所に集められていたので、リラックスした気分で本を手に取ることができました。

今回お迎えした本はこちら。

 

f:id:evie-11:20170401174602j:plain

オカワダアキナさん『飛ぶ蟹』

孤伏澤つたゐさん『海嶺谿異経』

櫻井水都さん 無配本三種

山本ハイジさん『咎の園』

 

まずオカワダさんのブースへ行ってご挨拶をしたあと(だいぶ眠気でくらくらしていましたが)、新刊をお迎えしました。おじコレ参加本は完売とのことで、残念ながら今回は手に入れられませんでした。

それでも今回オカワダさんのお顔を拝見できてよかったです。

 

それから見本品をあれこれ見て回っていたら、江雪×宗三の文字が目に飛び込んできました。

最近とうらぶの宗三左文字が恋しくなっていたので、櫻井さんの無配本を見たときにはほんとうにびっくりしました。このタイミングで出会うのか、と。

ブースに立ち寄ったところ、ご本人が不在だったのでご本はお迎えできませんでしたが、また機会があればぜひ。

 

もともととうらぶで二次創作を書いていたころは、宗三受中心に不埒な小説を書いていたのですが、しばらく遠ざかっていたのでした。当時は他の方の小説作品に触れる機会もなかったので、こうして作品を読むことができてうれしかったです。

 

無配といってもフォトジェニックな品々ばかりで、まずそのクオリティに驚きましたが、中身も骨太といった様子で、薔薇の香りがほのかに香りつつも、本丸のいち一員としての宗三の姿が描かれていてよかったです。

なにより感激したのは、宗三が極の修行に出て書いた手紙というシチュで、手書きの手紙が三枚封入された一品。信長、今川、三好と三人の主の元へ身を寄せたことが記されていて、あたかも宗三左文字がそこにいるかのようなリアリティ。深い愛情が伝わってきました。

こうして書いていると、私もまたとうらぶ界隈で小説を書きたいなあという気になってくるのですが……さてはて。

 

その後会場を歩き回って、今回は必ず手に入れたかったつたゐさんの『海嶺谿異経』を購入し、再び見本品の棚を見て気になった山本ハイジさんの『咎の園』を買いました。

 

今回はあまりゆっくり会場を見て回れなかったのが残念でした。

それでもテキレボは昨年から気になっていたイベントだったので、こうして一般参加できて本当によかったです。