広寒宮

アマチュア作家・雨伽詩音の活動報告その他諸々

2017年美術鑑賞まとめ

f:id:evie-11:20171229171507j:plain

 

◇西洋美術

エルミタージュ美術館展@森アーツセンターギャラリー

ミュシャ展@国立新美術館

 

◇日本美術

日本画の教科書@山種美術館

絵巻マニア列伝@サントリー美術館

花*Flower*華―琳派から現代へ―@山種美術館

女性美と自然美―神奈川とのゆかり―@鏑木清方記念美術館

奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝@三井記念美術館

不染鉄展@東京ステーションギャラリー

生誕120周年東郷青児展@損保ジャパン日本興亜美術館

陶匠 辻清明の世界@東京国立近代美術館工芸館

川合玉堂―四季・人々・自然―@山種美術館

特別展示「鏡花夢幻」原画展 波津彬子が描く泉鏡花の世界@金沢21世紀美術館

 

◇東洋美術

董其昌とその時代―明末清初の連綿趣味―@東京国立博物館東洋館

 

 

◇文学館

鴎外の「庭」に咲く草花 牧野富太郎の植物図とともに@森鴎外記念館

漱石からの手紙 漱石への手紙@鎌倉文学館

新資料から見る谷崎潤一郎―創作ノート、日記を中心にして@日本近代文学館

1917―大正6年の鏡花@泉鏡花記念館

 

◇博物館など

古代オリエント博物館常設展

和のあかり×百段階段@ホテル雅叙園東京

 

◇ギャラリー

ギャラリー青騎士

西條冴子人形展“Fabula Immemorata”@パラボリカ・ビス

西條冴子人形展“Digitus Medicinalis Canariae”@サイト青山

 

 

計22

 

例年に比べて、今年はあまり美術館に通えなかったように思ったのだが、終わってみればそこそこ通っていたらしい。だがこれも常なることながら、観に行きたいと思いながらも見逃してしまった展示は数多い。

根津美術館東京国立博物館など、常ならば一年のうちに何度も行く美術館にも今年はなかなか足を運べず、もどかしい思いをした。特に東京国立博物館に関して云えば、秋の東洋美術の特集展示に行けなかったのが本当に心惜しい。

 

そんな中でもミュシャ展には二度足を運び、人混みをかき分けながらスラブ叙事詩を堪能できたし、大エルミタージュ美術館展ではロココの雅宴画を観られたので、西洋美術に関してはほぼ満足と云っていい。

例年、どうしても西洋美術よりも日本美術の展示に赴くことが多いのだが、そんな西洋美術に関心のない私でも楽しめた展示となった。

 

日本美術に関しては、主に近代以降の絵画や工芸品を観る機会が例年よりも多かった。

数ある美術館の中でも、山種美術館には三度足を運んだ。

その中でも、日本画の教科書展は、はじめてかもめメンバーたちと展覧会を共に観られたので意義深かったし、川端康成の「反橋」の連作を愛読している私にとって、作中にも名前が出てくる川合玉堂の展覧会は、期待以上の展示だった。

 

さらに不染鉄の存在はこれまで知らなかったのだけれど、その文人画のような作風には大いに魅せられた。

また東郷青児の絵はこれまでちらほらと観たことはあったのだけれど、今回まとまった形で絵を観られて、ボリュームの豊富さと、内容の密度の濃さに満足した。同行したかもめメンバーの御影あやさんも気に入ってくれたようで、その後の読書会と併せていい思い出になった。

 

唯一観た仏教美術の展示となってしまった西大寺展は、三井記念美術館ならではの展示と云えるだろう。ここ最近は毎年地方の寺院の展覧会を催してくれるので、毎回楽しみにしているのだ。西大寺展では、特に奈良・元興寺如意輪観音坐像に惹かれた。推し仏がもう一体増えたように思う。

 

そして振り返ってみれば、今年は例年よりも文学館に足を運ぶ機会が多かったようだ。

彼が鴎外にハマっていたこともあって訪ねた鴎外記念館の展示では、牧野富太郎の植物画に魅了されるとともに、鴎外の草花に向けるまなざしの優しさを感じた。

また鎌倉で訪ねた鎌倉文学館での漱石の展示では、私が心の支えとしている鈴木三重吉宛の書簡が見られたのが何よりもうれしかった。

 

日本近代文学館の谷崎の展示では、「少年」に付せられた鏑木清方の挿絵が見られたり、「武州公秘話」のあらすじに惹かれたりなど、谷崎ファンとして記憶に残る展示となった。

ちなみに併設された川端康成の展示で、岡本かの子の名を見つけて「人生仏教読本」を読みはじめたのだが、未だに読み終えられずにいるので、来年の課題としたい。

 

そしてなにより、今年は泉鏡花記念館に行けたのがうれしかった。

学生時代、泉鏡花の文学に夢中になっていた頃からの念願だったので、今年叶えられて本当によかった。

折しもちょうど金沢21世紀美術館で『鏡花夢幻』を手がけた漫画家の波津彬子さんの原画展も催されていて、本当にタイムリーだったなと感じる。

残念ながら5年に一度の金沢泉鏡花フェスティバルの時期とは重ならなかったけれど、それもまたご縁があればと思う。

 

末尾になったが、昨年の美術鑑賞まとめも載せておきたい。

evie-11.hatenablog.com

「来年は西條冴子さんのお人形を生で観られるといいなあとぼんやり思っております」と書いていたのだけれど、宿願叶って、今年は二度も個展に足を運ぶことができた。

来年もよい美術展とのご縁に恵まれますように。

最後になってしまったけれど、忙しい中にも、美術館巡りに付き合ってくれた彼や家族、そして友人たちに心から感謝を。

今年のベスト10冊 前編

国木田独歩『武蔵野』 

武蔵野 (新潮文庫)

武蔵野 (新潮文庫)

 

 


この一年、どれだけこの本に助けられただろう。
忘れえぬ人々」や「たき火」、「星」を何度読み返したことだろう。
独歩と出会ったのは文アルがきっかけだったけれど、折しも慣れぬ仕事をはじめた時期でもあり、人との出会いと別れが突然やってきた時期でもあった。
私はなにかと感じやすい人間なので、人が来るのも去るのも慌ただしかったあの時期に心の整理をできずにいたのだった。
そんな時に「忘れえぬ人々」を読んだことで、独歩の謳うヒューマニズムと、私の心が共鳴しあったような不思議な読書体験を味わったのだ。
それはこれまでの読書遍歴で味わったことのない感動を私にもたらした。
短い人生の中で独歩が見出した輝かしいヒューマニズムは、時を経てなお色褪せない。
ぜひ田山花袋の『東京の三十年』とともに読んでいただきたい一作だ。

 

東京の三十年 (岩波文庫)

東京の三十年 (岩波文庫)

 

 



宮沢賢治銀河鉄道の夜新潮文庫

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

 

 

同じく今年の春頃に働いていた時期にこの本に触れ、いたく心を揺さぶられた。

すでに文春文庫の『銀河鉄道の夜』を昨年読んでいたこともあり、再読した作品が多かったなかで、「マリヴロンと少女」との出会いは私を励ましてくれた。

 
「正しく清くはたらくひとはひとつの大きな芸術を時間のうしろにつくるのです。ごらんなさい。向うの青いそらのなかを一羽のコウがとんで行きます。鳥はうしろにみなそのあとをもつのです。みんなはそれを見ないでしょうが、わたくしはそれを見るのです。おんなじようにわたくしどもはみなそのあとにひとつの世界をつくって来ます。それがあらゆる人々のいちばん高い芸術です。」(p128)

 

この文章にどれほど勇気づけられただろう。
働く者を真摯に丁寧に見つめる賢治のまなざしが感じられて、あらためて賢治の魅力を知るとともに、生活の一部として文学が息づいていることを実感した読書体験だった。



中上健次千年の愉楽

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 


今年は中上健次と出会った年でもあった。彼に勧められた『岬』にはじまり、『千年の愉楽』『枯木灘』と読んで、紀州サーガと呼ばれる中上健次の骨太で血潮がみなぎるような小説群に圧倒された。
物語のもつ原始的なエネルギーをそのまま閉じ込めたような小説に触れたのは、本当に久しぶりのことだった。
中でも気に入ったのがこの『千年の愉楽』だった。
なにしろタイトルが素晴らしい。
「千年」という単語にほとばしるようなエロスを感じる私としては、『千年の愉楽』はまさにエロスオブエロス(頭が悪そうな単語だ……)と感じざるをえない。
中でも「半蔵の鳥」と「天狗の松」の煮えたぎるような仄暗いエロスに魅せられた。

 

余談だが、中上健次がお好きな向きは、きっと石川淳も気に入るだろうと思う。

石川淳らしいチョイスで益荒男ぶりでヒロイックな人物たちを取り上げた『新釈古事記』を読んだときの胸が沸き立つような感覚は未だに覚えているし、『紫苑物語』に収められた三編を読んだときも、神話を換骨奪胎していく力強いエネルギーに魅せられた。

 いずれも読んだ結果「石川淳脳筋」という雑な印象を抱いたが、近代文学に詳しい彼に云ったら「石川淳はインテリだよ」と笑われたのもいい思い出になっている。

新釈古事記 (ちくま文庫)

新釈古事記 (ちくま文庫)

 

 

紫苑物語 (講談社文芸文庫)

紫苑物語 (講談社文芸文庫)

 

 



あさのあつこ『バッテリー』

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 


小説が書けずに七転八倒していた夏に読んだ。
バッテリーといえば、昨年ノイタミナでアニメを観ていたこともあり、また中学生の頃に原作をリアルタイム読んでいたので、再読したいという気持ちが膨らんでいたのだった。
アニメ版では深く掘り下げられなかったキャラクターの息遣いがリアルに伝わってきて、次の巻に進むのが惜しいような気持ちになりながら読み進めた。
物語のもつ純粋な面白さに触れられたこともあり、これほど読書に夢中になったのは久しぶりの体験だった。
司書の友人はもっぱら児童書を愛読する素敵な女性なのだが、彼女が児童書に魅せられる理由が少しわかった気がした。


夏目漱石『門』

門 (新潮文庫)

門 (新潮文庫)

 


彼に勧められた一冊。漱石はそれまで『こころ』ぐらいしか読んだことがなかったのだけれど、ひっそりと暮らし、何気ない会話を交わす主人公夫妻が良いというので手に取った。
なるほど、主人公はどうにも煮え切らないタイプの人物で、物語に激しい起伏があるわけでもない。
かつて親友から恋人を奪ったという良心の呵責を抱え続けているわりには、一念発起して門を叩いた禅寺での座禅も投げ出してしまう。
その物語の筋よりも、私の心を捉えた一文がある。
坂井の風聞を聞いて、

自分は自分の様に生れ付いたもの、先は先の様な運を持って世の中へ出て来たもの、両方共始から別種類の人間だから、ただ人間として生息する以外に、何の交渉も利害もないのだ。

と独白する宗助に共感を覚えた。私もまたこういうスタンスで自分を慰めているところがある。
明治を生きた漱石と、一瞬心が交わったような感覚に囚われたのだった。


金井美恵子『 愛の生活 森のメリュジーヌ

愛の生活・森のメリュジーヌ (講談社文芸文庫)

愛の生活・森のメリュジーヌ (講談社文芸文庫)

 


晩夏、どうにも気だるい午後がやってくると、私は金井美恵子を読みたくなる。
今年も例に漏れず、『愛の生活 森のメリュジーヌ』と『ピクニック その他短篇』を手に取った。
金井美恵子は『兎』が突出していると感じるのだけれど、本作に収められている「プラトン的恋愛」の一文にはハッとした。


「書けないという圧倒的な世界に閉じ込められていると感じる時、すでにわたしは書きはじめようとしているのではないか」(p246)

 


「こうした旅行(…)につき纏って、いつも小説のノートを持って行ったことを思い出し、常にまだ書かれずにいる小説の最初の呼びかけの声をきこうとしていたことを、わたしは涙ぐましくなりながら西陽で湯の表面が桃色の金属のように輝いている風呂場の中で思い出したりした」(p249)


小説を書けない、という状態に追い詰められていた時分に読んだだけあって、これらの言葉は染みこむように私の心に入ってきた。
これほど「書く」ということと真摯に向き合う作家も他にいないのではないか、と彼女の小説を読んでいると感じる。

最後に「兎」の冒頭から引用しよう。

「書くということは、書かないということも含めて、書くということである以上、もう逃れようもなく、書くことは私の運命なのかもしれない」(p159)

 



こうして文章を引用していて気づいたのは、私は自分の中にある言葉になしえない感情を埋めたり補ったり、ある種保証してほしいから本を読んでいるのだなぁということ。
少女時代の私は、自分の感情は自分だけのもので、他人と比べること自体に抵抗感があったが、大人になってみると「あなただけじゃない」という言葉に慰めを見出してしまうようになったのだなぁと感じる。
少女時代に「強さ」だと信じていたものを失ってしまった、悲しむべき変化なのかもしれない。
それでも「言葉と出会うために本を読む」というスタンスは、今も昔も変らない。
美しい言葉を求め、ある種の共感を求め、私はこれからも本を読み続けるのだろう

2017年創作活動ふり返り

今年は文芸同人サークルかもめが一周年を迎えたこともあり、メンバーとの交流を心の支えとして創作に励んだ一年になりました。

個人的な活動でつらいことがあっても、丁寧に綴られた感想をメンバーたちからもらうと、それだけで創作の力に変えていけた気がします。この場を借りてあらためて感謝いたします。

相変わらずめぼしいカフェを見つけてメンバーを連れ回していましたが、過去五回催したお茶会はいずれも好評だったので、来年も素敵なカフェにご案内できればいいなと思います。

過去のかもめのお茶会の様子はこちら。

 

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

evie-11.hatenablog.com

 

来春5月の文フリでは、いよいよかもめの合同誌を頒布する予定です。みなさまにメンバーたちの想いのこもったご本を届けられるよう、がんばります。

 

個人的な活動という意味では、本当に苦しい一年になりました。

小説をまともに書けなくなってしまって、長いスランプに陥りました。そんな中でもうさうららさんの主宰なさっていた「べんぜんかん」に掌編「霊亀譚」を寄稿したり、うささんが定期的に発行なさっている「短歌ハッシュ」に短歌を寄稿した経験は大きな糧になりました。

これまで短歌というと苦手意識があったのですが、今年は万葉集に触れる機会もあって、古典的な風情の歌を詠む楽しみを覚えました。

とてもいい刺激をいただいたので、自前で詠んでいる俳句の方ももっと磨きをかけていきたいです。

 

また詩に支えられた一年でもあったなと感じます。かもめソングに寄稿した詩も、紫水宮に載せた詩も反応をいただけることが多くて、詩を書くことで心が救われていたような気がします。

来年5月の文フリでは嘉村詩穂名義の詩集を頒布する予定です。同人誌を作るのはこれがはじめてなので、上手くいくかどうか不安もありますが、できるかぎり美しい本に仕上がるよう励みたいです。

 

来年はなんとか小説を書けるように日々の読書体験を積み重ねていきたいです。

今年のベスト10冊は、また下旬が近づいてきたらブログに書きたいと思います。

【お知らせ】詩と俳句

◇かもめソング
先週が担当週だったので、久しぶりに詩を書きました。
http://kamomesong.tumblr.com/post/168108607507/或絵師

kamomesong.tumblr.com

おかげさまでフォロワーさんからご感想をいただきました。

実は作品の時代は現代を想定していて、写真のくだりにちょっと皮肉をこめたつもりですが、こうして作品が作者である私の手を離れて、読者の方々の心の中で自由に飛び回ってくれているのを実感できて、本当にうれしかったです。

私個人名義の詩集も鋭意制作中です。皆様に無事にお届けできるように励みます。

 
 
◇紫水宮
久しぶりに俳句を詠んだので、ここ最近Twitterに投稿した作品の中から選句してたんぶらに載せました。
おかげさまで評価をいただいております。
 
http://star-bellflower06.tumblr.com/post/168216880282/水晶の葬列-きみ逝くや月影に鶴飛び去れり-入水せり琅玕宮にて背を待たむ

star-bellflower06.tumblr.com

【読書会】志賀直哉「たき火」読書会

f:id:evie-11:20171204165507j:image

f:id:evie-11:20171204165532j:image

 以前の森鴎外「百物語」「山椒大夫」読書会(http://evie-11.hatenablog.com/entry/2017/05/24/190000)の時に、次回は秋頃、テキストは志賀直哉で、というところまで決まっていましたが、先月神保町にて再び読書会を催してきました。

 

テキストは志賀直哉「たき火」。
彼肝いりの作品で、実は学生時代にも大学の文芸サークルの読書会のテキストとして扱った小説だったのですが、今回も盛り上がりました。

 

リードしてくれたのは複数の読書会の司会を掛け持ちし、自らを「読書会屋さん」と呼ぶ彼でした。


読書会では特に主人公たちが集う場の「空気」に着目し、その場の空気で次のアクションが決まっていくという極めて日本人的な感性を描いているという指摘がなされました。

 

またその空気を醸成していく機能としての自然描写に話が及び、特に「闇の中に一点の火が灯る」というモチーフが変奏を繰り返しながら反復される、というのが彼の意見で、これは特に重要かなと思いつつ、「クラシック音楽みたいだね」と私が云うと、その場の同意が得られました。

 

またこの小説に描かれた登場人物たちについて、「あまり生活感を感じず、またお金に困っているようにも見えない。それなのに小屋のトイレを作っていたりして、妙に生活感がある」という父の指摘も面白かったです。


そこはやはり志賀直哉ブルジョア白樺派に属していたからなのだろうね、と私は返しましたが、真実のほどは定かでありません。

 

さらにその場の「空気」について、Kさんの体験談がこの場限りの一体感を醸し出していると彼が云い、このKさんの体験について、新潮文庫版の解説を援用して「東洋的神秘」体験であったと説明がなされたことから、その場で「東洋的神秘」体験とは何か、という話題になりました。

私は泉鏡花の「竜潭譚」に描かれる、「何がそれで姉様なり、母様(おふくろさま)なりの魂が入るもんだで、魔(エテ)めはどうすることもしえないでごす」と「爺や」が語る「(主人公である幼子の千里の)帯の結めを丁(とん)とたた」くというおまじないを取り上げました。
目に見えない神秘によって親子の命や絆が守られるというのは、「東洋的神秘」と云えるのではないでしょうか。

 

さらに、読書会の終わりに彼が文学史上における「たき火」という作品の意義について教えてくれました。
谷崎と芥川の「小説の筋」論争の中で、芥川が評価したのが、この志賀直哉の「たき火」であったそうです。
谷崎も芥川も話の筋を重視した作風だけれども、芥川は自らの作風を否定し、最終的にはそれが自殺へと繋がったのではないか、というのが彼の持論でした。

 

私は近代文学を趣味として読んでいるのに対し、彼は大学で学んだ身なので、得るものが多い読書会になりました。
次回の開催は未定ですが、また機会があれば父と彼と三人で読書会をしてみたいです。

【資料】漢籍の調べものについてのメモ

漢籍にまつわる本を読んでいると、文中に漢詩が出てくることがある。

私は出典厨なので、気になる漢詩はできるだけ原典に当たるようにしているのだが、学生時代に大学図書館のレファレンスサービスで不愉快な思いをしたこともあり、できるだけ自力で出典に辿りつきたいと思っている。

その出典を探すのに役立つリンクをご紹介したい。

 

まずは国会図書館漢詩の出典の調べ方案内。

漢詩の出典 | 調べ方案内 | 国立国会図書館

データベースや辞典類などが紹介されている。

困ったときはまずここを参照している。

 

李白の詩や杜甫の詩など、ピンポイントで調べたいときには、日本図書センターからどちらも全集が出ているので、それぞれ目的の漢詩が載っていないかと目次を調べる。

私の住んでいる地域の図書館にはどちらも架蔵されているので、おそらく全国津々浦々の図書館にも入っているはずだ。

図書館で調べてもいいのだけれど、最寄りの図書館にない場合は、事前にネットで調べておいて該当巻を借りれば手間が省ける。

李白全詩集 | 主題書誌データベース | 国立国会図書館

 

杜甫全詩集 | 主題書誌データベース | 国立国会図書館

 

その他、漢籍の出典を調べる上でも参考になる『新釈漢文大系』のリンクも貼っておこう。

目次はPDF化されているので、参照すればなにかと便利かと思う。

www.meijishoin.co.jp

ちなみに詩人編全十二巻も刊行されるということで、こちらも今から楽しみだ。

リンク先はPDFだが、いずれも中国を代表する漢詩人が名を連ねている。

http://www.meijishoin.co.jp/files/shinsyaku_kanbun/TRC_kanbun20170607.pdf

 

また漢籍に関してはレファレンス協同データベースにも情報がたくさんあるようなので、気になる文献があればアクセスしてみるのも手かもしれない。

私が最近参照したのはこちら。

crd.ndl.go.jp

 

またこちらには載っていなかったが、以前ブログでも少しだけ触れたこちらの選集にも「捜神後記」が掲載されているようなので紹介しておく。

www.meijishoin.co.jp

 

 

だが実際に私が公共図書館でお世話になったのは、こちらの国訳漢文大成だったので、一応リンクを貼っておく。

 

最初に書き下し文があり、本の末尾に原文(白文)が掲載されているので、適宜対照しながら読めば 知識が身につくのだが、いかんせん目次がわかりにくいのと、訳注があまり充実していないのと、そしてなにより古い本なので、あまりおすすめはしないのだけれど……。

ただし手っ取り早く書き下し文を参照したい、という時には役立つかもしれない。

 

気づけば明治書院さんのリンクだらけになってしまったが、本当に足を向けて寝られない出版社なので、今後ともますますのご清栄を祈るばかりだ。

【文アル】文アルイベおつかれさまでした&安吾お迎え

文アルイベおつかれさまでした。

今回は戦闘BGMがすごくかっこよかったのと、なにより回想がフルボイスだったので、あらためて文アルの魅力を実感できたイベントになりました。

春夫先生の台詞が本当に胸アツすぎて……太宰さんの声優さんの迫真の演技もあって、泣きたくなってしまいました。

 

f:id:evie-11:20171120155313j:plain

f:id:evie-11:20171120155328j:plain

f:id:evie-11:20171120155343j:plain

 

春夫先生の言葉で、侵食者と対峙することを決意した太宰、からの流れも最高でした。

 

f:id:evie-11:20171120155358j:plain

f:id:evie-11:20171120155411j:plain

f:id:evie-11:20171120155425j:plain

f:id:evie-11:20171120155438j:plain

 

f:id:evie-11:20171120155450j:plain

春夫先生の言葉で太宰が立ち直ってくれて本当によかったなぁと……。

推しではなかったけれど、文アルは本当にみんないいキャラしてるなぁと、魅力が十二分に伝わってきました。

サービス開始初日から文アルをやっていたのですが、文アルというゲームに出会えて本当によかったです。

 

f:id:evie-11:20171120155919j:plain

f:id:evie-11:20171120155943j:plain

また、今回は報酬が歯車と交換するシステムだったので、ライトユーザーな私でも無理なくイベントを進められました。

歯車を一気に集められるステージがあったのも、本当に運営さんは慈悲深いよなぁと……。

 

 

そしてそして、あれほど潜書運に恵まれなかった弊図書館にも、ようやく安吾が来てくれました!

連れてきてくれたのは太宰で、洋墨1500、銀の栞使用、でした。

f:id:evie-11:20171120160153j:plain

f:id:evie-11:20171120160136j:plain

f:id:evie-11:20171120160240j:plain

そしてさっそくお着替えしてもらったところ、眼鏡フェチとしてはやっぱりお着替えした後の方が好きだなぁと。

ちょっとやんちゃそうな眼鏡キャラも美味しいです。

 

そしていい加減ロココ内装に着手したいところなのですが、なんせ冬の内装が次にやってくるので、イベ終了までになんとか集められるだけの金貨を集めておきたいところです。

石はだいぶ貯まってきたので、次にまた推しの召装が来ても大丈夫です!

文アルは既存キャラへの追加要素が手厚いところも魅力ですね。

今後の召装の展開も今から楽しみです。

 

2017.11.21 追記

なんと今日実装された召装イベの対象が光太郎さんだったのでうれしいやらびっくりするやらです。

さっそく貯め込んだ石を解き放ってお迎えしました!

f:id:evie-11:20171121145745j:plain

f:id:evie-11:20171121145757j:plain

 

f:id:evie-11:20171121145808j:plain

十連ガチャを2回回して揃ったんですが、賢治の召装は何度回してももう一枚しかもらえず、3枚目を引く前に石が尽きました……。バイオリンを弾く光太郎さんが見たかった……。

2枚目はうっかりミスで溶かしてしまったので、イベ終了までになんとか石を貯めたいところですが、なんせ推しキャラが多いので、今回は見送るかもしれません。

次回のためにまた石を貯めていかなくては。

f:id:evie-11:20171121150046j:plain

f:id:evie-11:20171121150059j:plain

 でもでも、ふたりの衣装をお迎えできたのは本当によかったです

光太郎さんのヘソチラと汗が尊い……本当にありがとうございました。

このふたりの衣装に合うような内装が欲しいなと思ってしまうのは、内装厨だからでしょうか。冬の内装も今から待ち遠しいです。